スタッフブログ

みんなの味方、フッ素

●フッ素はどんなものにも含まれる天然元素

フッ素は地球上のあらゆるものに必ず含まれる身近な元素です。

歯の質を良くして虫歯に対する抵抗力を高めるものとして唯一公認されているものです。

【フッ素の働き】

・歯の表面の一番硬いエナメル質に働きかけて、歯の質を強くします

・初期虫歯で溶かされかけた歯をもとにもどそうとする力を促進させます

・口の中の雑菌の働きを弱めます

・歯だけでなく骨にとっても必要なものです

 骨折や骨のミネラル低下を予防する作用もあります

●フッ素の利用法

虫歯予防におすすめ

フッ素塗布=歯科医院で定期的に塗布してもらいましょう

フッ素入りの歯磨き剤の使用=毎日続けましょう

これらは長く続ければ続けるほど高い効果が得られるので、こつこつと続けていただきたい努力です。

ページのトップに戻る

初期むし歯って何?

CO(Cories Obsavation /カリエス オブザベーション)

と表示される初期むし歯。これは脱灰と呼ばれる段階でまだ歯の表面に穴もなく、わずかに白い斑点がある状態です。

厳密にいうとむし歯ではなく、痛みもありません。

しかしそのまま放置すると必ず表面のエナメル質は溶けて歯に穴があきます。

脱灰はエナメル質の内部のミネラル分がごく一部溶けだした状態です。

逆に唾液の成分のカルシウムなどのミネラルイオンが歯に入って脱灰部分に沈着することを再石灰化といいます。

この脱灰と石灰化は日常的に繰り返されています。

しかもこれが繰り返されているうちにエナメル質の表面が変化して酸に溶けにくい性質になることも分かっています。

つまり虫歯になりにくい丈夫な歯になるということです。

唾液によって再石灰化が促され、歯が丈夫になることは大変うれしいことです。何もせずとも虫歯予防をしているようなものです。

ところでこの再石灰化をより後押しする方法があります。

唾液のカルシウムイオンに吸着を促進させるのがフッ素です。フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをすることが効果的といわれるのはそのためです。

また再石灰化には歯の表面がきれいに清掃されている方が促進効果が高まることもわかっています。

食後の歯ブラシによる汚れの除去はやはり意味があるのです。

ページのトップに戻る

重要な噛み合わせ

原因不明の不調に悩まされていた人が噛み合わせを治したら嘘のように調子が良くなったというケースはよくあります。

特に頭痛、肩こり、関節痛、目の疲れなどの症状が多いようです。

噛み合わせのずれは一度には起こりません。

虫歯や歯周病で痛む歯を庇って噛んでいたり、歯が抜けたところをそのまま放置したりしているうちに

徐々に上下の噛み合わせが変わってくるのです。

緩やかな変化のため本人の自覚としてないことが多いです。それにつれて体の変調も知らない間に起こってくるのです。

なぜ噛み合わせが変わると体への影響が出るのでしょうか。

噛むための筋肉は首や肩の筋肉と連動しています。均等に筋肉を使っていない場合は、使っている方の筋肉ばかりが硬直して血管や神経が圧迫されます。

筋肉にかかるストレスがアンバランスになるとそれを解消しようとして不均衡が起こります。そのため肩や首の凝りや目の疲れなどの症状が起こるのです。

もし長年整形外科などへ通ってもあまり改善しない症状をお持ちの方は一度歯科医院で噛み合わせのチェックをしてもらってはいかがでしょうか。

ページのトップに戻る

プラークについて

皆様、こんにちは。

今日はプラーク(歯垢)についてです。

 

プラークとは、歯の表面に付着している細菌のかたまりです。

白色または黄白色をしているので、目では確認しにくいのですが、舌で触るとザラザラした感触があります。

プラークはネバネバと粘着性が強いため、歯の表面にしっかりと付着し、強くうがいをしても取れません。

プラーク中には、細菌が約600種類も存在しているのです。

 

①プラークの付着の原因

プラークは口の中の清掃が、十分になされていない歯の表面に形成されます。

 

②プラークの形成

歯の表面に、唾液の中の糖タンパク成分が膜のように付着します。(ペリクル)

ペリクルに細菌が付着し、定着、増殖することでプラークが形成され、どんどん成長していきます。

 

③プラーク付着の予防方法

プラークは、むし歯や歯周病などの口の中の様々なトラブルの原因になるため、毎日セルフケアを実行し、歯科医院で定期的なクリーニングを受けて、しっかり除去することが大切です。

1   セルフケア

・丁寧な歯みがきを心がけましょう

・歯と歯の間もしっかりケアしましょう

 

2   プロケア

歯石や歯周ポケットの中などのセルフケアでは除去できない汚れは、歯科医院でクリーニングを受け、除去しましょう。

 

気になる事など、何かございましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

ページのトップに戻る

ドライマウスについて

ドライマウスという言葉を聞いたことはございますか?

口の渇き、唾液が出ないといった症状をドライマウス(口腔乾燥症)と言います。

近年、年齢に関係なくドライマウスを訴える人が増えてきています。

ドライマウスかチェックしてみましょう

・気が付くと口で呼吸している

・食べ物の味がしない

・食べ物が咬めない、うまく飲み込めない

・口の中がべたつき、のどが詰まったような感じがする

・口の中がカラカラ、ネバネバしていて水分が手離せない

・口臭を強く感じる

・舌がひび割れて痛い

・舌がからまり話しにくい

・常に飲まなければいけない薬がある

・歯磨きをしているのにむし歯や歯周病になりやすい

・いつも忙しくほっとする時間がなく、飲酒の機会も多い

いかがでしたか?

3つ以上あてはまるようでしたらドライマウスの疑いがあります。

ドライマウスは現代病の一種です。

原因は主に、加齢による機能低下、高血圧、心疾患、免疫疾患で薬を服用

ストレス、口呼吸などです。

自覚症状がなくてもドライマウスの事があります。

放っておくとむし歯や歯周病、口臭も悪化してしましますので

3つ以上あてはまった方は受診をお勧めいたします。

お気軽にご連絡ください。

ページのトップに戻る

今更聞けない 歯周病とは?

口腔の健康状態は全身状態と深く関係しています。

特に歯周病と糖尿病は関連性が高いといわれています。

他にも早産の原因や動脈硬化など、様々な疾患と健康に関連のある歯周病ですが、本日は歯周病について簡易的に説明します。

歯周病とは?

歯は骨と歯茎によって支えられていますが、もう少し詳しく話すと、歯は顎の骨に刺さり、その周りを歯茎が覆っている状態です。

その中でも1番大事、土台となっているのは、骨です。

しかし、歯磨き不足により口腔内に菌が繁殖すると菌が徐々に骨を溶かしていきます。

つまり、菌によって骨が溶けてしまっている状態、骨が溶ける病気=歯周病です。

なんと!骨が溶けると同時に歯茎も下がります!

歯茎が下がってきたのは加齢やブラッシング圧だと思っていませんか?

歯茎が下がる主な原因は実は歯周病です。

じゃあ、歯茎が下がっていないからと安心!という訳でもありません!

重症の方の中には歯茎が下がらずに、パンパンに腫れている方も多いです。

腫れていると骨は溶けているのに歯茎は下がっていないように見えるため歯周病とは気づきにくいのです。

歯周病を自分で見つけることはほぼ不可能です。

それに加え、歯周病で溶けてしまった骨が再生する事はほぼなく、もう戻ってはきません!

治療も1回や2回では治らず、長い月日と毎日のブラッシングでようやく改善するものです。

予防はもちろん、早期発見、早期治療のためにも是非、1度歯医者さんでチェックしましょう!

ページのトップに戻る

スポーツと奥歯の深い関係

こんにちは。

今回はスポーツと奥歯の関係についてです。

あなたは短距離走をするとき、口を開けて走りますか?きっと固く口を結んでいると思います。

誰もが「ここ一番!」と力を入れてなければならないときは、無意識に口を閉じて奥歯を噛み締めます。

遠くへジャンプしたりボールを打ったりするときなどの瞬発力や強い力は、奥歯を嚙み締めると発揮できます。

スポーツ選手にとって、奥歯はとても大切です。とくに相手にぶつかっていくような相撲の立ち合いなどでは、その瞬間に100kgを超える力が奥歯にかかるそうです。

そのため、スポーツ選手には強い顎と奥歯が必要になります。

普段から柔らかいものばかりではなく、しっかり噛んで鍛えることが大切です。

●より強く噛み締めるためのマウスピース

左右の噛み合わせのバランスが崩れていれば、奥歯をしっかりと噛み締めることができません。

噛み合わせが悪いままスポーツを続けていると、頭痛や顎関節症、肩こりなどを引き起こすといわれています。こういった噛み合わせの補正や、歯を衝撃から守るために、多くのスポーツ選手が

スポーツ用のマウスピースを使っています。

マウスピースをはめると噛み合わせの高さが変わり、より強く噛み締めることができます。また強く噛み締めることで頭部の外傷を予防することもできます。

このようにスポーツと奥歯の噛み合わせは密接な関係を持っているのです。

ページのトップに戻る

よだれは大切

今回は子どものよだれについてです。

赤ちゃんは毎日成長の中でよだれもたくさん出ます。

よだれが多いと、赤ちゃんの敏感な肌が、かぶれてしまう恐れがあります。口の周り、顎や首は、好発部位です。

すぐに拭いて、かぶれが出る前に、なるべく早く行動しましょう。

唾液の中には成長ホルモンも含まれています。

そのため、唾液の量は赤ちゃんが成長しているという証にもなります。

赤ちゃんはなめたり、しゃぶったりする行動の中で様々な感覚を磨いています。

その中に内臓感覚と呼ばれる、空腹感や食欲、喉の渇き、悪心などは、

赤ちゃんの時にたくさん物をなめて、感じてきたかで決定するともいわれています。

他にも口内の食物に潤いを与え、咀嚼と嚥下を助けたり、デンプンを消化したり、口内の洗浄と抗菌作用、

口内の粘膜保護、傷の修復など様々など大切な働きをしてくれています。

赤ちゃんが本能的行為をたくさんやって感覚を磨くことで、

口の動きや舌の動きの土台になってきます。

よだれは成長に欠かせないとても重要なものなのです。

ページのトップに戻る

スーパーパワーの唾液力

【唾液はどこから?】

唾液の構成は99.4パーセントが水分で、中性です。

耳の下あたりや舌の下にある唾液腺から一日1.5リットルもの量が分泌されます。

唾液にはたくさんのパワーが備わっています。普段は何気なく飲み込んでいる唾液のパワーを改めて確認してみましょう。

●消化を助け歯を丈夫に

・唾液の持つパワーのひとつは食べ物のかすをきれいに洗い流す作用です。嚥下作用でそれらは胃へ流れ込み消化されます。

・唾液にも消化酵素のアミラーゼが含まれています。咀嚼によって食べ物に混ざり、胃の消化を助けます。

・唾液には重炭酸が成分として含まれ、エナメル質を溶かす酸を中和させる働きがあります。虫歯の予防もしているわけです。

・そのうえ、唾液中のカルシウム、リン酸、フッ素イオンなどが脱灰した歯の表面を再石化させ傷程度のむし歯なら治してしますのです。

このほか口腔粘膜を潤し、口を滑らかにする、義歯の適合をよくする・・など唾液のパワーはまだあります。

唾液の出る量はゆっくり回数を多くかむことでたっぷり分泌します。

食事はゆっくり落ち着いて少なくとも30回は噛んで食べましょう。

それが唾液のパワーを有効に発揮させるカギです。

ページのトップに戻る

乳歯にはメリット?歯の隙間

【歯と歯の隙間はいいか悪いか】

歯の歯の間に隙間が空いている歯並びのことを空隙歯列といいます。

食べ物がいちいち挟まることや前歯の隙間が審美的ではないといった悩みにつながります。

空隙歯列は顎の大きさに対して歯のサイズが小さいことや先天的に歯の数が足りないことなどによって生じます。

またその隙間に舌を押し付けることが癖になりがちで、無意識のうちに症状を悪化させている可能性もあります。

食べ物をかむこともしずらいほど隙間が広い場合は人工の歯を用いた補綴治療や矯正治療が必要となってきます。

【生え変わりに必要なスペースの確保】

ただし、5歳ごろから発達しはじめる顎の成長につれて乳歯の前歯に隙間ができてくる場合は心配無用です。

これは発育空隙と称してこれから生えてくる永久歯がきれいに並ぶためのスペースです。永久歯は乳歯とくらべて1.5倍の大きさがあるので余裕があるほうがまっすぐ生えることができます。

逆にこの時期に顎の発達を促さずにいると狭い場所に大きい永久歯が押し合いへし合い生えてくることになり歯並びが悪くなります。

よく噛む食事をするなどしてしっかりとした骨格の顎にそだててあげてください。

ページのトップに戻る

デンタルフロスについて

皆様、こんにちは。今日はデンタルフロスについてです。

 

ハブラシでブラッシングしただけでは、歯と歯の間は十分に磨けていない事があります。

プラーク(歯垢)や食べかすが残ってしまいます。

むし歯や歯周病の原因はプラークです。

そこで、デンタルフロスや歯間ブラシを使ってハブラシでは届かない歯の側面についたプラークや、

歯と歯の間に入りこんだ食べかすをきれいに取り除き、

綺麗で健康な歯を保ちましょう。

ハブラシによるブラッシングだけでは、歯と歯の間のプラークは約60%しか除けなかったのに対し、

フロスを併用すると、約80%まで除去できるのです。

 

①フロスはいつ使うのがいいの?

歯みがき後がおすすめです。

ハブラシで全体を磨き、全体の汚れを取った後に歯と歯の間を清掃する事をおすすめします。

 

②フロスが引っかかるようになった時は?

普段よりもフロスがすべりにくく、歯に引っかかったり切れやすい時は、

むし歯の場合や歯の詰め物が取れているなど

お口の状態をチェックした方がよい場合がありますので、その時は歯科医院の受診をおすすめします。

 

③出血するけど大丈夫?

歯茎に炎症があるなどの場合や、使用はじめの際は出血する事があります。

出血が続いたり、痛みがある場合はご相談下さい。

 

わからない事や疑問、不安な事などございましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

ページのトップに戻る

嫌気性の菌って?

空気の届かない場所とは。

歯周病の原因となる最近は「嫌気性グラム陰性菌」という種類の細菌です。

その名の通り空気を嫌う性質を持っています。

口の中で、空気に触れない場所はどこでしょう。それは歯と歯肉の間にできた隙間、所謂歯周ポケットの中です。

本来歯と歯肉はくっついています。

隙間があったとしても健康な歯肉ならばせいぜい1~2ミリの深さです。

ところが汚れがたまりプラークが増えると炎症が起こって腫れ、徐々にその溝は深くなります。

そこにまたプラークがたまるというわけです。プラーク1ミリグラムの中には一億個の細菌がいるといわれています。

たまったプラークの中の細菌がさらに歯肉の中で炎症を起こすのでますますポケットは深くなるという連鎖現象をおこします。

ポケットが深いということは酸素が届きにくく、嫌気性の歯周病菌にとっては好都合というわけです。

住み心地のよい場所でどんどん仲間を増殖するということは重度の歯周病へ向かってまっしぐら・・・という状態といってもいいでしょう。

そんな好条件の場所を提供する必要はまったくありません。

プラークの深さ

3~4ミリの場合:炎症が起こっている。歯肉炎の状態

5ミリ以上:歯周病に進行した状態。骨に悪影響がでている可能性もあります。

ページのトップに戻る

キシリトールについて

 

キシリトールとは砂糖にかわる代用甘味料です。

 

キシリトールは白樺や樫の木などの樹液から抽出した天然の甘味料で苺などの果物にも入っています。

キシリトールは糖アルコールの一種で虫歯の発生を防ぐ効果があります。

 

虫歯菌のひとつミュータンス菌は、糖を分解し歯を溶かす酸を発生させます。キシリトールは虫歯菌が分解できない甘味成分なので酸の発生を抑えられます。

 

キシリトール入りのガムを噛むことによって唾液の分泌も促進され虫歯予防に効果的です。

 

お口も乾燥する季節なのでキシリトール入りのガムでケアしてみてはいかがでしょうか。

ページのトップに戻る

年末年始の休診について

◎年内の診療について◎

令和2年12月29日(火)まで通常通り診療しています。

また、誠に勝手ながら12月24日(木)は午後休診とさせていただきます。

 

◎年始の診療◎

令和2年12月30日(水)~令和3年1月4日(月)まで休診となります。

年明けは1月5日(火)より診療いたします。

ページのトップに戻る

知覚過敏について

今日は知覚過敏についてお話します。

「知覚過敏」という言葉は、コマーシャルでもよく耳にします。冷たいものを口にした時、歯を磨いてる時などに、むし歯でない歯が瞬間的にしみたり、不快を感じる症状のことです。

知覚過敏は普通のむし歯のように"原因を取り除いてすぐに治す"ことができません。いったん症状が出てしまうと完全に治すことが難しい病気です。

知覚過敏は主に

①歯ぎしり  ②くいしばり  ③強いブラッシング   による歯と歯肉へのダメージから起こります。

歯ぎしりやくいしばりは、その強い力によって歯と歯肉の境目に余計な負担をかけ、歯の表面に亀裂ができたり、歯肉が下がって象牙質を露出させてしまいます。また強いブラッシングは歯肉の退縮やエナメル質を削り取ってしまいます。

一度退縮してしまった歯肉や、減ってしまったエナメル質は元には戻りません。

歯ブラシの毛先がすぐに開いてしまう人はブラッシングが強すぎる証拠です。歯と歯肉をチェックし正しいブラッシング

を身につけましょう。早めに気づくことが自分の歯と歯肉守る第一歩です。

歯ぎしりやくいしばりをする人は、保険治療のきく防止用のマウスピースを入れて寝ることをおすすめします。

市販されている知覚過敏用の歯みがき剤を使用したり、フッ素やフッ素入りのMIペーストで歯質を強化するのも良いでしょう。

力の入れすぎがお口のトラブルの原因となります。

人間は、何もしていない安静時は当然のこと、力仕事など特別な場合以外は上下の歯を接触させていないのが普通です。

テレビを観たり、本を読んだり、パソコンに向かったり、料理をしている時、もしも上下の歯を噛み合わせているとしたら要注意です。

余計な力を入れずに、肩の力も、口の力もぬいてリラックスして生きるとこが健康の秘訣です。

ページのトップに戻る

頭痛?肩こり?顎関節症かもしれません。

頭痛や肩こり、様々な症状を引き起こし、原因が気づきにくい顎関節症。

口を開けるたびに音がする、まっすぐ開かずに蛇行する、そういった症状が顎関節症です。

いくつか症状をあげるので複数当てはまる人は顎関節症の可能性があります。

・口を開けると音がする

・口を開けるときにまっすぐ開かず蛇行する

・口を大きく開けると耳のあたりに痛みを感じる

・耳のあたりが重い感じがする

・ぐっと噛みしめると痛みがある

・顎が外れそうになる

・頭や肩、背中がだるかったり、凝ったりする

以上が顎関節症の疑いのある症状です。

いくつか当てはまった方は一度受診を検討してみてください。

顎関節症は顎の使い方(食べ物を噛むとき等)に左右の差があったり、

歯ぎしりや食いしばりで大きな力が顎にかかっていたり、

横寝やうつ伏せ寝、頬杖などの習慣やストレスが原因とされています。

ひどくなると頭痛や鼻炎、肩こり、難聴、疲れやすい、慢性の倦怠感などが表れます。

そうならないための日常的に気を付けるポイントは

・歯を噛みしめない

・充分な睡眠をとる

・仰向けで寝るよう意識する

・姿勢を良くして、頬杖をつかない

・極端に固いものばかり食べない

・左右均等に噛むようにする

一つ一つ小さいものですが習慣化したものはすぐには治しにくいものなので、

上記のポイントを意識して顎に負担のかからない生活を送りましょう。

ページのトップに戻る

歯を強くするフッ素

こんにちは!

今回は虫歯予防に関して歯を強くする方法について説明します。

フッ素にはどのような虫歯予防効果があるのでしょうか? 主な効果は次の通りです。

 

1. 耐酸性・結晶性の向上

フッ素が歯に作用すると、歯質はフルオロアパタイトという非常に安定した結晶構造を持つようになります。歯質は強化され、酸に強い歯になります。

 

2. 抗菌・抗酵素作用

虫歯菌(歯垢)の出す酵素によって酸が作られる過程をブロックしたり、フッ素自身抗菌作用を示します。

 

3. 再石灰化の促進

唾液中のカルシウムやりん酸を歯にくっつけてくれます。この作用により、初期の虫歯は、治ることがあります。

 

 

フッ素には歯を強くする作用がありますが、フッ素だけでは完全な虫歯予防はできません。

日々の歯磨きや定期検診をするとこで虫歯の予防につながります。

甘いものをだらだら食べないようにしましょう。

 

何か気になることがございましたら

お気軽にお問い合わせください。

ページのトップに戻る

むし歯菌がいなくても歯が溶ける?

むし歯菌がいるいないに関わらず歯が溶けることがあるのをご存じですか。

「酸蝕症」という、歯の表面全体が溶ける病気です。

普通のむし歯はむし歯菌の出す酸によって歯の表面が溶け、穴があく病気。

でも「酸蝕症」の原因になるのは食べ物や飲み物に含まれる酸です。

(その他に嘔吐物に含まれる胃酸も原因になります)

・ドレッシング、お酢

・ワイン

・オレンジやレモンなどの柑橘類

ただこれらを飲んだり食べたりしただけで症状が出るわけではありません。

ひどくなるのは一日に何度も何度も口にしている場合。脱灰が起き続け歯が溶けてしまうのです。

そして脱灰の起こっている歯に歯ブラシでゴシゴシすると症状が進みやすくなってしまいます。

溶けかけて柔らかくなっている歯の表面を歯ブラシや歯磨き粉の研磨剤が削ってしまうのです。

例えばソムリエのようにワインをお口全体に広がらせてじっくり味わうとき。それはたくさんの歯を酸にさらしているということでもあります。

ストローで飲むのでは楽しめませんが、、、。

酸蝕症について頭の片隅に置いておいてくださいね。

ページのトップに戻る

タフトブラシについて

こんにちは。今日はタフトブラシについてです。

皆様はタフトブラシをご存知ですか?

タフトブラシは毛束が1つのヘッドの小さな歯ブラシです。

普通の歯ブラシでは毛先が届きにくいところの清掃に適しています。

普通の歯ブラシで磨いた後、タフトブラシでの清掃を追加する事で、磨き残しやすい「歯と歯の間」や「歯と歯肉の境目」のプラーク(歯垢)を効率よく除去することができます。

 

タフトブラシの使用部位

①奥歯の歯

②前歯の裏

③歯並びが悪いところ

④矯正装置のまわり

⑤被せ物のまわり

⑥抜けた歯のまわり

⑦生えかわり期の生えている途中の歯

 

タフトブラシの使用後のお手入れは、使用後は流水下でよく洗い、風通しの良いところで保管しましょう。

また取り替え時期は、ブラシの毛先が開いてきたら交換しましょう。

 

タフトブラシの使い方や、何かご不明な事がございましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

ページのトップに戻る

初めて生えてきた永久歯を予防するためには、、、

本日は子供の永久歯についてお話しいたします。

6歳ごろになると、乳歯の奥歯のさらに奥へ初めての永久歯が生えてきます。

この歯の名前は【第一大臼歯】といい、最も噛む力の強い大切な歯です。

この第一大臼歯は今までの乳歯よりも奥にあるため磨きにくく、むし歯になりやすいのです。

少し傾いて生えてくるので歯と歯の間に食べカスがつまりやすく、

歯の噛み合わせ面の溝にも食べカスが溜まりやすくなります。

初めての永久歯【第一大臼歯】をしっかりと守るためには、

保護者の方のご協力が必要です。

お子様がご自身で歯を磨いた後には、仕上げ磨きをしっかりとしてあげてください。

当院では、お子様のむし歯の予防なども行っております。

ご不安な点がある方や、ご診察をご希望の方はいつでもお気軽にご連絡ください。

ページのトップに戻る