スタッフブログ

最近の投稿

土台の違い歯が割れる?

歯が折れてしまう原因をご存じでしょうか?

原因は様々ありますが、虫歯をはじめ、神経を取ったり、同じ歯に何回も治療を行ったりしていると歯が薄くなり折れやすくなってしまいます。

他にも被せ物(差し歯)の治療を行う際に使用する土台(コア)の種類によっても変わります。

土台は主に金属とファイバー(白い土台)の2種類があります。

金属は頑丈ではありますが、歯よりも硬く、歯が折れてしまうことがあります。

一方、ファイバーは硬さが歯に近く、歯との親和性が良いため金属に比べ歯が折れにくいです。

さらにファイバーは白く、白い被せ物を被せた時に金属の色が透ける事もありませんし、溶けて歯茎に着色したり、アレルギーの心配もありません!

ご自身の土台が何でできているか気になる方は一度チェックにきませんか?

もちろん、白い土台と一緒に被せ物を入れたい!という方もお待ちしております。

(検査費用等が発生しますのでご了承ください)

ページのトップに戻る

フッ素について

フッ素について

 

フッ素は地球上のあらゆるものに必ず含まれる身近な元素です。

歯の質を強め虫歯に対する抵抗力を高めます。

 

・歯質を強化する。

・初期虫歯などで溶かされた歯を再石灰化する力を促進する。

・口腔内の雑菌の働きを弱める。

・歯だけではなく骨にとっても必要で、骨折や骨のミネラル低下を予防する。

 

フッ素の活用法には歯科医院などで塗布する方法やフッ素入り歯磨剤の使用などがあります。

 

当院でもPMTCの仕上げでフッ素塗布を行っております。

ページのトップに戻る

あなたの歯茎は何色ですか?

歯肉の健康状態を手っ取り早く知るのは「色」です。

健康であれば新鮮な血液がスムーズに流れて動いているので、多少個人差はありますが薄いピンク色に見えるはずです。

しかし、歯周病菌入り込んでしまったときは、菌をやっつけるために大量の血液を送り出さなければいけないため、歯肉は赤みをおびてみえます。この状態が歯肉炎と呼ばれる状態です。

歯周病菌との戦いが長引けば長引くほど、歯槽骨はやせていき、歯肉も破壊されます。そうなれば歯肉の色は紫色になってしまいます。

あなたの歯肉はどんな状態ですか?

・歯肉が薄いピンク

・歯肉を押すと硬い骨の感触がある

・歯と歯の間に歯肉が詰まっている

・歯と歯肉の間に出血は無い

炎症が軽ければ歯石を取るだけで歯肉は回復します。

ひとつもチェックが入らなければ歯科医院を訪れましょう。

ページのトップに戻る

舌の汚れ落としていますか?

こんにちは!皆さん歯磨きは習慣的に行っていると思いますが、舌の汚れは落としていますか?

舌に残っている汚れ「舌苔」と言いますが口臭の原因にもなります。

「舌苔」の主な成分は粘膜上皮の剥がれたものや唾液、食物残渣などたんぱく質です。口の中に棲む細菌がこのたんぱく質を分解させる時に嫌な匂いを発生させてしまい口臭の原因になります。

お口を開けた際に全体的に見えるのが「舌背」と言われます。舌背の粘膜の表面は形状が複雑で味を感知する組織があり非常にデリケートです。歯ブラシなどで力任せに擦りすぎると傷つけてしまうだけでなく、味がわからなくなるなどの障害も出る可能性があるので注意が必要です。

専用の舌ブラシで舌の奥から前にかけてケアしましょう。

毎日のケアに是非取り入れてみてください。定期健診に来た際不明な点があればお声かけくださいね。

ページのトップに戻る

意識して鼻呼吸を

皆様、こんにちは。

今回は、口呼吸についてお話します。

本来、呼吸は鼻で行われるものですが、鼻炎や風邪をひいている間は口に呼吸を頼りがちになります。それが口呼吸です。

最近、習慣的に口呼吸をする人が増えつつあり、問題になっています。

鼻には外気の温度や湿度を調節して肺へ送る大切な働きがあります。

鼻腔で空気中のごみを取り除き、そして35~80%の範囲で湿度を調節してきれいな空気を肺へ送り込んでいます。

これをせずに口呼吸をすると空気中の細菌やウイルスが直接のどに入ってしまいます。鼻は加湿器であり、フィルターでもあるのです。

また、口呼吸では常に口をあけていることになり、ドライマウスの状態になります。

ここで唾液の分泌を妨げることになります。そればかりか、顎の骨の変化を誘い、歯並びへ悪影響を与えます。

そのうえ、呼吸しやすい恰好へと、姿勢がゆがんできます。

下顎を下げ、舌を前の下方へ位置させ、頭を後ろに傾ける姿勢です。

もちろん正しい姿勢ではありません。口呼吸がゆがんだ姿勢をつくり、このゆがんだ姿勢が成長過程で顔の形まで変える恐れもあるのです。

これからの季節、特に風邪やインフルエンザなどが流行してきます。

もし口呼吸の習慣があると気づいたら、意識して口を閉じ、鼻で呼吸をするようにしましょう。

鼻づまりなど、鼻を原因とする病気があれば、ぜひ治療して治してください。

ページのトップに戻る

喫煙がインプラントに及ぼす影響

こんにちは。

今回は喫煙がインプラントに及ぼす影響についてお話ししていきます。

 

ニコチンによる血流阻害

タバコに含まれているニコチンは、歯肉の血流を悪くします。そのため、インプラントを支える歯肉に酸素や栄養が行き渡らず、細菌に対する抵抗力が弱まります。

 

 

一酸化炭素による酸素供給阻害

タバコによって発生する一酸化酸素によって、インプラントを支える歯肉に酸素や栄養が行き渡らず、細菌に対する抵抗力が弱まります。

 

 

白血球の活動を抑制

白血球は細菌と戦い、退治する役目を持っているのですが、タバコは白血球の機能を低下させる作用があります。その結果、細菌に対するインプラントを支える歯肉の防御機能が低下してしまいます。

 

 

新しい組織を作る細胞の増殖を抑制

インプラントを支える歯肉の回復に必要な細胞の増殖を妨げる働きがあります。

 

 

唾液の減少

唾液はタバコに含まれる有害物質を中和したり、細菌の増殖を抑える働きがあります。タバコによって唾液が減少するとインプラントを支える歯肉が悪化しやすくなります。

 

 

免疫力の低下

タバコの中の有害物質により免疫力は衰え、炎症症状がでないままインプラントを支える歯肉の病状が進行していきます。そのため、気付いた時にはインプラントを除去しなければならないほど病状が進んでしまうこともあります。また、治療しても症状が改善しにくくなります。

 

 

インプラントをする前に歯周病で歯を失ってしまった方は毎日のケアが十分ではない場合が多く、改善することが大切です。

また、インプラントにしてからもインプラント周囲炎になる可能性が高いので、自宅と歯科医院でのケアをしっかり行いましょう。

 

気になることがございましたら

お気軽にご相談ください。

ページのトップに戻る

金属アレルギーでしょうか

最近、治りの悪い皮膚や粘膜の症状の原因として歯科治療で使われる金属に対するアレルギーが注目されています。

金属アレルギーは同じくアレルギーといわれる喘息やアトピー性皮膚炎とはアレルギーを起こす機序が違い、異なるものです。

口の中のものでアレルギーを起こす原因となり得る金属としては

被せてある歯やその土台に使われている金属、入れ歯に使われている金属などが挙げられます。

【症状】

・舌炎:舌に痛みやピリピリ感がある

・湿疹:手や足、全身に湿疹が出る

・掌蹠膿疱症:手のひらや足の裏に膿による水ぶくれができ赤くなったりする

など。

金属アレルギーの疑いがある方は皮膚科や、大学病院の口腔外科、取り扱いのある一部歯科医院でパッチテストを行うことで判定できます。

パッチテストとはアレルギーの原因になる得る金属成分を一定期間背中に貼り、アレルギーの症状がでるか確認する方法です。

アレルギー症状が出るような該当する金属が口の中にあればそれを除去し、以後必要となる一般的な歯科治療を行います。

今出ているアレルギー症状の治療も併せて皮膚科や口腔外科で行っていきます。

ページのトップに戻る

歯ぎしりについて

歯ぎしりは夜だけではなく昼にもおこります。

音のあるものだけでなく、音がでない歯ぎしりをしている人もいます。

歯ぎしりはストレスや噛み合わせが原因といわれています。

そして歯ぎしりは睡眠の妨げになるだけではなく、歯周病を悪化させたり、歯をすり減らし歯の寿命を縮めたり顎関節症を引き起こしたりします。

【歯ぎしりの症状】

・クレンチング(噛みしめ、食いしばり)

・タッピング(カチカチと噛む)

・グラインディング(ギリギリと音がする)

【歯ぎしりの治療法】

①噛み合わせを調整する

何かの原因で抜けた歯をそのまま放っておくと噛み合わせがバラバラになり歯ぎしりの原因になることがあります。

その場合は義歯やブリッジなどをつかって噛み合わせを正常にすることが必要です。

②マウスピースやスプリント(固いマウスピース)

眠っているときは意識的に歯ぎしりをやめることはできません。その時はマウスピースをはめたまま眠るのが効果的です。

健康保険が使えますし、歯科医院で簡単に作ることができます。

③歯ぎしりに気づくこと(原因がストレスや心因性のものである場合)

歯ぎしりは眠っているとき、何かに夢中になっている時に出ますので自分ではなかなか気づきづらいものです。

家族や身近な人に聞いてみることも大切です。

ページのトップに戻る

ドライマウスについて

Q.ドライマウスとは?

ごく普通に食べたり飲んだり何気なく会話できるのは唾液がお口を潤しているおかげです。

また口の中をきれいに保つための自浄作用や免疫作用、抗菌作用もある大切な分泌物で、一日に約1.5リットルも分泌しています。

この唾液が出なくなってしまう症状がドライマウス(航空乾燥症)です。

Q.ドライマウスになるとどんな問題があるのか

ごく普通の食べる、飲む、話すといった動作が上手くできなくなったり、歯の変色の原因にもなります。

またお口の中の清潔さを保てなくなり、むし歯や歯周病にもかかりやすくなってしまいます。

Qなぜドライマウスになるの?

ドライマウスは外傷などにより唾液腺が損傷したり、加齢や生活習慣によって唾液分泌量が減少することが原因になっています。また、様々なストレスによる不安定な精神状態が続くときや、服用している薬剤によっても唾液が少なくなります。

Q.改善の方法は?

梅やレモンなどの酸っぱいものを思い浮かべたりキシリトールガムを噛んだりすることで唾液の分泌が促されます。また専用の洗口液を使ってお口をすすいで口の中を潤すことを心がけましょう。

ページのトップに戻る

歯間ブラシについて

皆様こんにちは。

今日は歯間ブラシについてです。

 

どうして歯間ブラシやデンタルフロスを使わないといけないのでしょうか?

 

歯ブラシのみでブラッシングしただけでは、歯と歯の間は十分磨けない事があり、プラーク

(歯垢)や食べかすが残ってしまいます。

むし歯や歯周病の原因はプラークです。

 

そこで歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯ブラシでは届かない歯の側面についたプラークや、歯と歯の間に入りこんだ食べかすをきれいに取り除きましょう。

そして、きれいで健康な歯を保ちましょう。

歯ブラシによるブラッシングだけでは、歯と歯の間のプラークは60%しか除去できません。

対して、デンタルフロスを使用すると80%

歯間ブラシを使用すると85%まで除去できます。

 

歯間ブラシのサイズはSSSからLまで様々なサイズがあります。

歯間部の大きさと異なるサイズの使用は、歯や歯肉を傷つけたり、ワイヤーが折れて飲み込んでしまう原因になりますので、部位に合ったサイズを選ぶことが重要です。

 

サイズや歯間ブラシの使い方などわからない事がございましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

ページのトップに戻る

虫歯リスクの高い歯

皆様こんにちは。

突然ですが、お口の中をのぞいてみてください。

昔、むし歯になったことがある歯や、詰め物が入ってる歯。むし歯かも...と気になる歯。

そして、子供のころからずっときれいなままの歯もあるでしょう。

むし歯菌の量やツバの量や質が人それぞれ違うように、『むし歯になりやすい場所』も人それぞれです。

それでも、下記の場所は多くの人がむし歯になってしまう場所です。

1、奥歯のくぼみ

2、前歯(上の歯)にあるくぼみ

3、歯と歯のあいだ

4、歯と歯ぐきの境目

5、歯ぐきが下がって歯の根が見えているところ

お心当たりはありますか?

現在症状が出ていない方も、これらの部位は注意が必要です。

皆様、歯磨きの際にはぜひこういった場所を意識して磨いてみてください。

また、初期のむし歯は痛みを伴わない場合もございます。

定期的にご自身で歯科医院で検査をすることは大切です。

「むし歯かも...」など気になる事がありましたら、いつでもお気軽にいらしてくださいね。

ページのトップに戻る

知覚過敏

皆様、こんにちは。

連日の暑さで冷たいものを口にする機会が増え、しみる症状を感じるようになっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな知覚過敏についてお話したいと思います。

知覚過敏とは、擦過刺激や冷温熱刺激などにより引き起こされる、短時間で一過性の歯の痛みで、特にむし歯や神経の炎症などの病変がない場合にみられるものをいいます。

知覚過敏の原因としては、、、

1.加齢に伴う歯肉退縮による歯頸部の露出

2.歯周病の予防と治療の際の器具によるもの

3.摩耗・咬耗・酸蝕症(咬みあわせや酸性の飲食物)によるもの

4.ホワイトニングの副作用

などが挙げられます。

<知覚過敏に対するセルフケアの方法>

①適切な力で歯ブラシをする

②軟らかめの歯ブラシを選択する

③知覚過敏用の歯磨き粉を用いる

④咬み合せが原因の場合はマウスピースを作製し、使用する

このように、知覚過敏にも様々な原因や対応法があります。

知覚過敏の症状は体調が悪い時や疲れていると出やすいです。

また、知覚過敏と思っていたら、実はむし歯だった!なんてこともあります。

気になる事がございましたら、お気軽に当院までご相談くださいね。

ページのトップに戻る

お口の乾燥ケア

今回はお口の乾燥ケアについて紹介します。

まず一つ目に、食事の際によく噛むことによって唾液を分泌させます。

食事の際だけでなく、シュガーレスガムなどを食べるなど唾液の分泌を促進することで予防効果にもなります。

次に湿潤剤を利用するという方法です。使用方法はジェルを指先や歯ブラシ、スポンジなどに少量つけ、口腔内全体に塗ります。

その後しばらくしてからジェルを吐き出します。

最後に唾液の分泌を促すマッサージを紹介します。このマッサージは頬や唾液腺をマッサージすることにより、唾液の分泌を促します。

【方法】

1,手のひらを頬に置く

2,指先を耳の下、親指の付け根の下の膨らんだ部分を顎のラインにあて、それぞれを刺激しながら、円を描くようにマッサージする。

3,両手の親指を顎の下(舌下腺)にあて、マッサージする。それぞれ10秒数えながら行う。

4,最後に刺激で出た唾液を飲み込む。

このように様々な方法があります。是非試してみてください。

ページのトップに戻る

虫歯になる流れ

今回は虫歯のなりやすさについてお話します。

むし歯のなりやすさは生活習慣など環境に左右されることがほとんどです。

子供のころは保護者や身近な人の食器の共有等による虫歯菌が原因で感染していきます。

大人になっても虫歯になるリスクは食生活をはじめ、様々な要因が絡み合っていて、

「食事」「歯・唾液」「時間」「虫歯菌」の四つと言われています。

「食事」をすると「虫歯菌」が食事の中に入ってる糖分を栄養に酸を出して歯の表面を溶かします。

しかし、食後は「唾液」の作用により酸が中和され溶けた表面を元に戻そうとする再石灰化が起きます。

ただし、だらだらとお菓子などをつまんでいると再石灰化する「時間」がなく、歯に穴があいて虫歯になるということです。

そして、歯科医院では虫歯のなりやすさを検査することが出来ます。

「唾液検査」と呼ばれるもので、歯科医院で採取された唾液を検査機関で診断してもらい、後日その結果を受け取るという流れです。

また、お家でできることとしては

「だらだらと飲食をしない」

「食後の歯磨きができないときは(リカルデント)ガムを噛む」

「フッ素入りの歯磨きを使う」

など具体的に実践できることもあります。

定期的に虫歯のチェックで検診に来ていただくことをお勧めいたします。

ページのトップに戻る

美容院へ行くように歯科医院へ

髪の色がやや明るめな人もいれば漆黒の人もいるように、歯や歯茎の色も人によって異なります。

たとえ黄色みがかっていたとしても全部の歯がそうであれば特に心配はいらないということです。

ただ、嗜好品による歯への着色や、不十分な歯磨きが気になるのであれば、1か月~数か月に一度くらいは歯科医院へ行って歯科衛生士によるPMTC(専門家による機械的な歯の清掃)を受けることをおすすめします。

毎日積み重なっていく磨き残しの汚れを解消する爽快感は快適です。

定期的に歯科医院に来ていただくことは虫歯予防にも大きな意味がありますし、いつも口腔環境を良い状態に保つことができます。

皆さんがいつも髪の手入れで定期的に美容院に行くように、歯科医院へも、、という習慣が一般化することが私たちの願いです。

ページのトップに戻る

口内炎について

もともと口内炎は、体力の弱った時、全身的な疲労が激しい時や胃腸が弱っているとき、また熱を出した時などに起こります。

最も一般的なのはアフタと呼ばれる白くて丸い潰瘍で1個~数個が頬や唇の内側などにできます。

このアフタは辛い物や熱いもの、果物の汁などがしみて小さいながらも激しく痛みます。

特に治療しなくても数日か長くても2週間以内に自然治癒することがほとんどですが、大きいものになると1、2か月かかるものもあります。

もし口内炎ができたときは刺激物は避け口の中を常に清潔に保つよう心がけましょう。粘膜への刺激が少ないうがい薬を使うのもいいでしょう。

またいつもと違う違和感のある口内炎であれば歯科の受診をしてください。また、体調の異変、疲労・ストレスの度合いも改めて確認してみましょう。

口内炎は体に何か異変が起こっていることを教えてくれるシグナルでもあります。

こちらの歯科での治療はステロイド軟膏を塗布する方法があります。

ページのトップに戻る

治療中断のリスクについて

こんにちは。

本日は治療中断のリスクについてです。

現在治療途中にしてしまっている歯はありませんか?

転勤やお引越しのタイミングで次の病院を見つかられないままになっていたり、

治療箇所が多いと通院が億劫になってしまい予約をキャンセルしたままになっていませんか?

【虫歯を放置した場合】

虫歯を放置しておくと中で進行してしまいます。

歯は内部が柔らかいので見た目で判断しても分かりづらく、痛くなってからでは思っているより進行してしまっているケースも多いです。

神経を抜いて根の治療を始めなくてはいけないこともあります。

【詰め物が取れたり欠けたままになっている場合】

こちらも上記と同じ理由で虫歯が進行しやすくなります。また噛み合わせが変わってきてしまいます。

詰め物が欠けたり取れてしまうのは何か治療が必要な理由がある時がほとんどです。

【根の治療を中断している場合】

既に根の治療を始めていて、それを中断してしまっていると根の中で感染が進行してしまいます。

神経を抜いた歯は歯自体には感覚がなくなりますので痛みも感じづらく気付くのが遅れます。

久しぶりに根の治療を再開しようと中を見てみると抜歯になってしまうケースもあります。

【歯を抜いたままにしている場合】

虫歯や歯周病で歯を抜いたままにしていると、咬み合わせが変わってきてしまうことがあります。

また、無意識のうちに歯がある反対側で咬むことが増え、そちら側の負担を増やしてしまいます。

【歯周病の治療を中断している場合】

歯周病の治療は虫歯の治療よりも回数がかかることが多く、また元々患者さんご自身では痛みを感じていないことが多いので

治療の必要性をうまくご理解頂けていないと通院が面倒になってきてしまうこともあります。

しかし歯周病は自覚なく進行してしまい、気づいたら抜歯せざるを得ない状況になってしまうこともあります。

ご自身の負担にならないようご都合をみながらぜひ頑張って通ってくださいね。

歯科の受診が久々になってしまっている方も是非タイミングをみつけて治療を再開していただければと思います。

お待ちしております。

通院回数や期間など、ご希望やご不明のことがあれば担当衛生士や担当医師にご相談ください。

また、現在感染症対策として御来院を控えている方で、治療再開の時期や治療相談などございましたらお電話でもお受けいたします。

ページのトップに戻る

舌の働き

皆様、こんにちは。

今日は舌の働きについてです。

 

舌には、食べ物を取り込む、飲み込む「咀嚼、嚥下機能」、発音する「構音機能」、食べ物の味を感じる「味覚機能」の3つの重要な働きがあります。

 

①咀嚼、嚥下機能

食べた物が、喉から食堂、胃へ送り込まれること、飲み下すことを嚥下といいます。

舌は口の中にある食べ物を上手に食道に送り込む重要な働きをしています。

 

②構音機能

話しをしたり歌ったりする時には、舌を動かして音を作っています。

カ行では舌の奥、タ行では舌の前方、ラ行では舌の先端を動かして発音しています。

 

③味覚機能

味は甘味、塩味、酸味、苦味、うま味が絡み合って構成されます。

この味は味蕾で感じます。

舌の機能が低下すると、味の感じ方も変化することがあります。

また、舌に汚れがたまると味を感じにくくなることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップに戻る

知覚過敏について

冷たいものや熱いものを食べたり飲んだりした時に

瞬間的な鋭い痛みを感じたことはございませんか?

それは知覚過敏かもしれません。

冷たい飲み物やアイスを口にする事が多いこの今の時期は

症状が出る方が多くいらっしゃいます。

知覚過敏はエナメル質と呼ばれる歯の表面の部分が傷ついたり擦り減ったりすると

その下の象牙質と呼ばれる組織が露出し、痛みを引き起こします。

象牙質には象牙細管という細い管が走っており、歯の中心にある神経部分に

繋がっています。

熱いものや冷たいもの、すっぱいもの、歯磨きによる刺激を神経が受け

しみるといった症状が出ると言われています。

象牙質が露出してしまう原因は

・不適切な歯磨き、または歯周病による歯肉の退縮

・酸を含む飲食物の多量摂取によるエナメル質の軟化、侵食

などが考えられます。

知覚過敏かな?と思うようなことがありましたら、

当院で治療もできますのでいつでもお気軽にご相談ください。

ページのトップに戻る

【お知らせ】 6/22(月)午前休診のご案内

誠に勝手ながら6/22(月)午前中は

休診とさせていただきます。

午後は通常通り診療いたします。

ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが

何卒よろしくお願いいたします。

ページのトップに戻る