スタッフブログ

最近の投稿

プラークについて

皆様、こんにちは。

今日はプラーク(歯垢)についてです。

 

プラークとは、歯の表面に付着している細菌のかたまりです。

白色または黄白色をしているので、目では確認しにくいのですが、舌で触るとザラザラした感触があります。

プラークはネバネバと粘着性が強いため、歯の表面にしっかりと付着し、強くうがいをしても取れません。

プラーク中には、細菌が約600種類も存在しているのです。

 

①プラークの付着の原因

プラークは口の中の清掃が、十分になされていない歯の表面に形成されます。

 

②プラークの形成

歯の表面に、唾液の中の糖タンパク成分が膜のように付着します。(ペリクル)

ペリクルに細菌が付着し、定着、増殖することでプラークが形成され、どんどん成長していきます。

 

③プラーク付着の予防方法

プラークは、むし歯や歯周病などの口の中の様々なトラブルの原因になるため、毎日セルフケアを実行し、歯科医院で定期的なクリーニングを受けて、しっかり除去することが大切です。

1   セルフケア

・丁寧な歯みがきを心がけましょう

・歯と歯の間もしっかりケアしましょう

 

2   プロケア

歯石や歯周ポケットの中などのセルフケアでは除去できない汚れは、歯科医院でクリーニングを受け、除去しましょう。

 

気になる事など、何かございましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

ページのトップに戻る

インプラント治療後のメンテナンスの大切さについて

こんにちは!

今回はインプラント治療後のメンテナンスの大切さについてお話ししていきます!

 

各歯科治療にはそれぞれのメリットとデメリットもあるからメンテナンスは大事だと思います!

 

まずは

○ セルフメンテナンスについて。です。

毎食後ちゃんとクリーニングすること。

歯磨きだけでは足りないです。

スーパーフロスでインプラントの歯の間をちゃんと掃除するのは必要です。

食後のうがいも大事です。

 

○ プロフェッショナルメンテナンスについて。です。

少なくとも月2回くらい歯医者に行って歯科医師ドクターと歯科衛生士の方でクリーニングすること。

 

○ 治療後はタバコ吸うと良くないからタバコを止めること。

 

いかがでしたか。長くなりましたがあくまで大まかに、です。

 

良くお話し合いをして、納得して頂いた上で治療して頂き少しでも患者様に心身共に健康になっていただくお手伝いをさせていただきたく思います。

ページのトップに戻る

顎の違和感セルフチェック

「朝起きたら顎が痛い」

「嚙み合わせがずれたような気がする」

このように顎の関節に違和感を覚えることはありませんか。
以下の項目に複数当てはまると顎関節症の疑いがありますのでチェックしてみてください。

・口を開けると音がする
・耳の辺りが重い感じがする
・口を大きく開けると耳の辺りに痛みがある
・グッと噛み締めると痛みがある
・口を開ける時まっすぐ開かず蛇行する
・顎が外れそうになる
・頭や肩、背中が怠かったり凝ったりする

顎関節症は、顎の使い方に左右差があったり、歯ぎしりなどでいつも大きな力が顎にかかっていたり、横寝やうつぶせ寝、頬杖などの習慣や、ストレスがあったりすると起こると言われています。
顎関節は耳の穴のすぐ前にあります。骨だけではなく骨と骨の間にある関節円板というクッションの役割をする組織や筋肉、靭帯などで構成されています。開閉の時のカクカクという音はこの関節円板がなんらかの原因で移動するときに発生します。

顎関節症がひどくなると、頭痛や鼻炎、肩こり、難聴、疲れやすい、慢性の倦怠感などの症状が表れます。

そうならないように、日常次のようなポイントに注意しましょう。

・歯を噛み締めない
・十分な睡眠をとる
・うつぶせ寝、横寝、顎を枕に押し付けて寝ない
・頬杖をつかない
・極端に固いものばかり食べない
・食事の際は背筋を伸ばし、正面を向いて食べる

このほか、歯を抜けたまま放置しても顎関節症になる場合があります。
また、虫歯治療で入れた被せ物や入れ歯が合わないために噛み合わせが変化した人も症状が出る場合があります。

お心当たりのある方は、一度当院までお越し下さい。

ページのトップに戻る

知覚過敏

定期的に歯医者さんで検診やクリーニングを受けて、虫歯はないと言われているけど

冷たいものを飲んだ時や歯磨きの時に歯がしみる、、、。

そのような症状は知覚過敏かもしれません。

知覚過敏とは、歯頚部(歯の根元・歯肉との境界のライン)で感じることが多いです。

原因は様々ですが

年齢と共に歯茎が下がってきてしまったり、歯ぎしりや食いしばりがあり過剰な咬合圧がかかっている歯、強い力で硬い歯ブラシで磨きすぎの場合、ホワイトニングなど薬剤を塗布した後に発症することが多いです。

治療はまず薬剤塗布をします。

歯の表面に出てきてしまっている象牙細管という外部刺激を通す管を薬で封鎖し

刺激を遮断します。

一度の塗布で改善する場合もありますが、何度か重ね塗りをするケースが多いかと思われます。

薬を塗布するだけでは症状が変わらない場合は

レジンを歯の根元に貼り付けます。

それでもどうしても沁みてしまう場合は該当歯の神経を取らざるを得ない場合もありますが

最終手段にしたいので、まずは神経を抜く以外の他の方法を試していきましょう。

ご自宅でできる方法をしては

歯磨きの時は毛先の柔らかい~普通のブラシで優しく歯頚部を磨く

食いしばりや歯ぎしりがある場合はマウスピースを使用する

知覚過敏用の歯磨き粉を使う

等です。

また、しみる症状はご自身で知覚過敏と判断せず、

歯科医院でチェックを受けましょう。虫歯の場合もあります。

ご質問がある場合は担当医師・衛生士までおこえがけください。

知覚過敏の治療は、まず沁みるのを抑える薬を塗布する治療をします。

象牙細管という

ページのトップに戻る

歯間ブラシについて

皆様こんにちは。

今日は歯間ブラシについてです。

 

歯と歯の間は、歯ブラシの毛先が届きにくいため、プラーク(歯垢)が残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所です。

この歯間部のプラークは、歯ブラシだけでは

60%程度しか取り除くことができませんが、

歯ブラシと一緒にデンタルフロスや歯間ブラシを使うと90%近くのプラークを取り除くことかできます。

 

歯間ブラシを使う際の注目事項

①歯と歯の間の隙間に合ったサイズを選びまし

 ょう。

②歯と歯の間にスッと抵抗なく挿入でき、動か

 すときにきつくないと感じない程度の大きさ

 を選びましょう。

③はじめて使用する場合、小さいサイズから試

 しましょう。

④歯によって隙間の広さが異なる場合、それぞ

 れの隙間に合ったブラシを使いましょう。

⑤歯肉炎のある部位は軽い刺激でも出血しやす

 くなっています。

⑥使い終わったら、流水ですすぎ、風通しのよ

 い場所で保管しましょう。

⑦ブラシの毛先が乱れたり、短くなってきたら

 新しい物に取り替えましょう。

 

歯間ブラシの使い方など、わからない事などございました、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

ページのトップに戻る

10月休診のお知らせ

誠に勝手ながら10/8(土)は、院内研修のため休診とさせていただきます。

また、ビルの停電に伴い、お電話・留守番メッセージを受けることができません。
何か御用の方はメールを頂戴できますと幸いです。

ページのトップに戻る

休診のお知らせ

休診のお知らせ

誠に勝手ながら、8/13(土)は

院内研修のため休診とさせていただきます。

また、併せましてビル停電閉館のため、

ご入館いただくことができませんのでご了承ください。

停電に伴いまして、お電話、留守電メッセージを受けることが出来ません。

お手数ではございますが御用の方はお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

診療再開は8/15(月)でございます。

ご迷惑をおかけいたしますが何卒宜しくお願い致します。

ページのトップに戻る

小さな子どもの歯磨き

本日は小さな子どもの歯磨きを始めるタイミングについてご説明させていただきます。


1、下の前歯が生えたら
授乳や離乳食の後に人肌のお湯に浸したガーゼなどで丁寧に歯の周りを拭くことから始めて下さい。
歯が生える前からお母さんが清潔な指で歯ぐきを触るなどして、口の中に指を入れることに慣れさせておくと良いですね。

2、なんでも口にいれるようになったら
お母さんが必ず付き添ってオモチャの代わりに歯ブラシを持たせてみて下さい。
もちろん1人で磨けるわけではありませんが、歯ブラシというものに慣れ親しむことが出来ます。

3、上下6本生える頃には
膝の上に寝かせて小さな柔らかい歯ブラシでみがいてあげてください。
歯磨き剤は必要ありません。
特に前歯の唇側やすき間、奥歯の嚙み合わせる部分は丁寧に磨いてください。

4、乳歯が生えそろうころには
大人の真似をしたがるので、歯ブラシを持たせて自分で磨かせてみてください。
大人がお手本を見せて一緒に。
ブクブクうがいが出来るようになればひとり磨きに挑戦です。
3〜4歳を過ぎると何でも自分でしたがりますので、正しい磨き方を練習させて下さい。歯ブラシの持ち方も教えてあげて下さい。
ただし完全にひとりで磨けるようになるまでは、保護者の方が仕上げ磨きをしてあげて下さい。

早めに慣れてもらうことがとても大切です。

ぜひご家族で協力して、早めに取り組んでみてくださいね。

分からない事などございましたらお気軽にご連絡ください。

ページのトップに戻る

虫歯になりやすい人、なりにくい人

昔から歯の質は「虫歯になりやすいかなりにくいか」を決めるに重要な要因とされてきました。

ではこの歯の質はどこから生じるのでしょうか。

実は乳歯が生える頃や永久歯に変わる頃、そして日頃の食生活など身近なところにその分かれ道があります。

硬くて丈夫な歯を育てるために一度食生活を見直してみましょう。

歯の土台を作る良質なたんぱく質、そして歯の石灰化のために必要なリンやカルシウム。それらがうまく働くためのビタミン。

こういった食材を毎日の食事で取り入れていますか。特に小さなお子さんがいるご家庭では大切な気配りになると思います。

また

●治療中もしくは治療済みの歯が多い。抜歯したままの箇所がある

●間食を頻繁に取っている

●清涼飲料水や砂糖入り飲料をのむ頻度が多い

●食べ物をあまり咀嚼しない

●一日の歯磨きの回数が二回以下

●歯並びがデコボコして磨きにくい箇所がある

●フッ素(市販の歯磨き粉はほとんどフッ素いりです)を取り入れていない

●鼻炎などで口呼吸がおおい

一つでもチェックがはいれば虫歯になりやすいお口の環境です。

ふだんお痛みなどがなくても定期的な検診をうけるようにしましょう。

ページのトップに戻る

おやつで顎を

本日はおやつについてです。

子どものみなさんはおやつが大好きですね。

噛む必要のない、口食べていたの中に入れると溶けるものばかりではないですか?

みなさんのおばあちゃんやおじいちゃんが子どものころ好きだったおやつはなんでしょう。

するめ、煮干しに昆布。トウモロコシなど硬そうなものばかりだと思います。

こういったおやつはしっかりと噛まないと飲み込むことのできないものばかりです。

つまり顎をつかって食べるものです。

体は使えば使うほど鍛えられます。

このことからおじいちゃんおばあちゃんは顎が丈夫だと考えられます。

柔らかいものは顎があまり発達せず、

永久歯が生える場所が少なくなることがあります。

そのため、重なり合ったりゆがんだり、横に生えてしまうこともあります。

つまり、歯並びが悪くなる原因とも考えられます。

おやつだけでなく食事もしっかり噛むことを意識した食事を心がけてみてください。

ページのトップに戻る

舌の働き

皆様、こんにちは。

今日は舌の働きについてです。

 

舌には、食べ物を取り込む、飲み込む「咀嚼、嚥下機能」、発音する「構音機能」、食べ物の味を感じる「味覚機能」の3つの重要な働きがあります。

 

①咀嚼、嚥下機能

食べた物が、喉から食堂、胃へ送り込まれること、飲み下すことを嚥下といいます。

舌は口の中にある食べ物を上手に食道に送り込む重要な働きをしています。

 

②構音機能

話しをしたり歌ったりする時には、舌を動かして音を作っています。

カ行では舌の奥、タ行では舌の前方、ラ行では舌の先端を動かして発音しています。

 

③味覚機能

味は甘味、塩味、酸味、苦味、うま味が絡み合って構成されます。

この味は味蕾で感じます。

舌の機能が低下すると、味の感じ方も変化することがあります。

また、舌に汚れがたまると味を感じにくくなることがあります。

 

 

 

 

 

 

ページのトップに戻る

歯ぎしり・くいしばり

睡眠中に本人が気づかずにする歯ぎしり・食いしばり。

ひどい場合には歯や歯周組織の損傷ばかりか、全身にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

歯ぎしり・食いしばりはストレスや噛み合わせが原因の事が多い報告されています。

歯ぎしりはよく知られていますが、その他にぐっと噛み締めるだけのクレンチングや、歯と歯を触れ合わせてカチカチさせるタッピングも含まれます。

歯ぎしりは通常時の咬合力の数倍~10数倍の力が歯や骨にかかっているといわれています。

強い力が持続的に加わると歯の破折や、すり減り、詰め物の破折・脱離の原因になるほか、

歯周組織の破壊(歯周病の加速)、顎関節症や肩こり頭痛の原因にもなり得ます。

歯ぎしりの治療法には以下のものが挙げられます

・筋肉マッサージ

・噛み合わせ調整

・マウスピースの使用

・精神安定・ストレス緩和

気になる方は担当医・衛生士までお尋ねください。

ページのトップに戻る

妊娠中のお口のケアについて

皆様、こんにちは。

今日は、妊娠中のお口のケアについてです。

 

妊娠中は、つわりや食の好みの変化、体調の変化などにより、食生活が不規則になって口腔内環境が悪化しがちなうえ、いつも通りのブラッシングができにくいものです。

そんな時は、無理をせずできる範囲でお口のケアに努めましょう。

 

ブラッシングは、気分が良い時にササっと行えるように、洗面所だけでなく、リビングやキッチンなど目につく場所に自分用の歯ブラシを置いておき、できそうな時に磨くというのもおすすめです。

 

自分でできないときは、歯科医院でクリーニングするだけでも、お口の中を清潔に保つことができます。

 

キシリトールガムやタブレットもプラークの粘着性を低めたり、唾液の分泌が増えて歯の再石灰化を促進する効果などが期待できます。

また、食後すぐに水で強めにブクブクうがいをするだけでも、食べかすなどを取り除く効果があります。

 

気分がすぐれないときは、小児用の歯ブラシやワンタフトブラシなど小さめの歯ブラシを使うのもおすすめです。

 

 

 

ページのトップに戻る

子どものよだれ

今回は子どものよだれについてです。

赤ちゃんは毎日成長の中でよだれもたくさん出ます。

よだれが多いと、赤ちゃんの敏感な肌が、かぶれてしまう恐れがあります。口の周り、顎や首は、好発部位です。

すぐに拭いて、かぶれが出る前に、なるべく早く行動しましょう。

唾液の中には成長ホルモンも含まれています。

そのため、唾液の量は赤ちゃんが成長しているという証にもなります。

赤ちゃんはなめたり、しゃぶったりする行動の中で様々な感覚を磨いています。

その中に内臓感覚と呼ばれる、空腹感や食欲、喉の渇き、悪心などは、

赤ちゃんの時にたくさん物をなめて、感じてきたかで決定するともいわれています。

他にも口内の食物に潤いを与え、咀嚼と嚥下を助けたり、デンプンを消化したり、口内の洗浄と抗菌作用、

口内の粘膜保護、傷の修復など様々など大切な働きをしてくれています。

赤ちゃんが本能的行為をたくさんやって感覚を磨くことで、

口の動きや舌の動きの土台になってきます。

よだれは成長に欠かせないとても重要なものなのです。

ページのトップに戻る

歯磨きのタイムリミット

最近は外に出る機会も増えて、習慣化していた昼食後の歯磨きを忘れていませんか?

毎食後の歯磨きはとても大切なのでしっかり再習慣化させましょう。

子どもも大人も歯磨きが嫌いな人はたくさんいますし、

外出中は特に歯磨きのタイミングを逃すことはよくあります。

しかし、食後の歯磨きにはタイムリミットが存在していて、食後30分以内が勝負だといわれています。

食べたものの中にある糖分を栄養として、口の中に常時住んでいる「ミュータンス菌」が活性化し、歯を溶かそうとする酸性度が高まるのが食後30分ほど続くからです。

強い酸は歯のエナメル質からミネラルを奪って表面を溶かそうとし、ミネラルが表面から少なくなって白っぽくなった状態を「脱灰」といいます。

しかしこの段階ではまだ虫歯にはなりません。充分に口の中に唾液があれば唾液の作用で口中は中性化してミネラルもまた戻って「再石化」を始めるからです。

このように食事のたびに「脱灰」と「再石化」を繰り返されています。

この時に唾液の力だけに頼らず、歯ブラシで食べ物のカスや汚れを取り除くことによって虫歯の発生を防ぐことが出来ます。

また、歯ブラシで磨くことによって唾液の分泌が促すことが出来るので、歯磨き粉はなくとも歯ブラシだけ持ち歩いてみるのもいいかもしれません。

もちろん唾液に殺菌作用があるので、口の中が乾いたり、歯を磨けない状況の時はうがいをするだけで雑菌の増殖を防ぐことが出来るのでぜひ試してみてください。

どこにいてもしっかり食べて、しっかり磨いてみてください。

ページのトップに戻る

歯が抜けたままだとどうなる

奥歯一本抜けていても分からないし

他の歯でも噛めているし、、、

と放置してしまっている箇所はありませんか?

歯が一本無くなってしばらく時間が経ってしまっている場合など、

無いことに慣れてしまって無くても平気だと思ってしまうようです。

しかしすぐには不具合が起きなくても徐々に起きつつあるのです。

噛みあっていたはずの相手の歯が伸びてきてしまいます。

この現象を挺出といいます。

徐々に噛み合わせがおかしくなってきます。

また無意識のうちに反対側の歯が揃っている方を使う事が増え、そちらの歯の寿命を縮めたり、歯周病を加速させたり、顎のゆがみを生じることもあります。

歯というものは、上下あるいは隣在歯とお互い支え合い大切な機能を果たしています。

優先順位はあれど不要な歯はありません。

抜けた歯は早めに補うことが重要です。

失った歯を補う治療として

・部分入れ歯

・ブリッジ

・インプラント 

があります。

それぞれメリットデメリットなど特徴が異なりますので

お悩みの方はお早めにご相談ください。

ページのトップに戻る

唾液の働き

皆様、こんにちは。

今日は唾液の働きについてです。

 

唾液には、口や体の健康に関わるさまざまな働きがあります。

唾液には主に、耳下腺、舌下腺、顎下腺という3つの大きな唾液腺から1日に1000〜1500ml程、分泌されます。

唾液には、食べ物の消化を助けたり、味を感じやすくしたりする働きや、口の中の汚れを洗いだ

唾液の分泌量は、ストレスや疲れ、加齢などで減少することもあります。

口の渇きやネバつきを感じることが多い場合には、食事の際にはよく噛むようにしましょう。

 

唾液の分泌は、夜寝ている間に少なくなります。そのため、夜間に口の中で細菌が繁殖しやすく、朝起きると口の中がネバネバしたり、口臭が気になったりしがちです。

そのため、就寝前にはより丁寧なお口のケアが大切です。

 

ページのトップに戻る

子どもへの口移し

今日はお子様への口移しについてです。

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌(ミュータンス菌)がほとんどないといわれています。

いつ、どのようにして、このむし歯菌(ミュータンス菌)が赤ちゃんの口の中入ってくるのでしょうか。

まず、赤ちゃんの口の中に虫歯菌(ミュータンス菌)が入ってくる時期は、

離乳食が始まる時期から乳歯20本が生えそろう3歳直前とされています。

また、その原因として...

赤ちゃんのことを思う周囲のおとなの行動から移ることもあるのです。

ではどのような行動から移るのでしょうか。

何個か例を挙げますと...

離乳食の温度をなめて確かめていませんか。

硬い食べ物を少し噛んでからあげたことはありませんか。

口の中の食べ物を口移しであげたりすることはありませんか。

これらの行動が赤ちゃんの口の中を虫歯菌(ミュータンス菌)で

汚染していることになるのです。

おとなの口の中には虫歯菌(ミュータンス菌)をはじめたくさんの細菌が住んでいます。

その一部が少しでも口移しで移動したら、あっという間に赤ちゃんの口の中で生息し始めてしますのです。

予防するためには...

家族の使ったスプーンや箸を子どもの口の中に入れない。

おとなが嚙み砕いた食べ物を離乳食としない。

哺乳瓶のミルクなどの温度を確かめるために、口に含まない。

赤ちゃんの手や口をなめない。

菌は感染するとなかなか除去できません。

そのためこのような対策がとても重要になってくるのです。

ページのトップに戻る

歯の着色や変色

鏡をのぞいた時、写真を撮った時、歯の色が気になったことはありませんか?

歯の色は様々な理由で着色や変色を起こします。

大きく分けて二つの原因が考えられます。

①歯の表面の変色

お茶やコーヒーよるステイン(茶渋)、たばこのヤニが表面についたり、

虫歯が歯の表面にできるのときの変色。

(樹脂を詰めて治療した部分が年数が経って変色することもあります)

②歯の内面、歯の質の変化での変色

加齢によって黄ばみや歯の内部のむし歯や歯の神経である歯髄の病気などでの変色

治す場合は

①表面の変色はご自身での歯磨きや歯医者でのクリーニングで改善、

虫歯や詰め物での変色は治療していきます。

②内面からの変色は簡単治すことは難しいのですが、

歯を削って白い被せ物にしたり、薬を入れて歯を漂白することがあります。

ご自身で鏡を見て、着色だと思ったら虫歯なのか変色なのか...

一度歯医者にいらっしゃってみてはいかがでしょうか?

ページのトップに戻る

GW期間中の休診日と診療日のご案内

【お知らせ】

GW期間中の休診日と診療日のご案内です。

●休診日

4/29(金・祝)

5/3(火・祝)

5/4(水・祝)

5/5(木・祝)

●診療日

4/30(土)

5/2(月)

5/6(金)より通常診療となります。

連休明け等は混み合うこともございますのでご来院の際はお電話をお願いいたします。

ページのトップに戻る