スタッフブログ

虫歯になる流れ

今回は虫歯のなりやすさについてお話します。

むし歯のなりやすさは生活習慣など環境に左右されることがほとんどです。

子供のころは保護者や身近な人の食器の共有等による虫歯菌が原因で感染していきます。

大人になっても虫歯になるリスクは食生活をはじめ、様々な要因が絡み合っていて、

「食事」「歯・唾液」「時間」「虫歯菌」の四つと言われています。

「食事」をすると「虫歯菌」が食事の中に入ってる糖分を栄養に酸を出して歯の表面を溶かします。

しかし、食後は「唾液」の作用により酸が中和され溶けた表面を元に戻そうとする再石灰化が起きます。

ただし、だらだらとお菓子などをつまんでいると再石灰化する「時間」がなく、歯に穴があいて虫歯になるということです。

そして、歯科医院では虫歯のなりやすさを検査することが出来ます。

「唾液検査」と呼ばれるもので、歯科医院で採取された唾液を検査機関で診断してもらい、後日その結果を受け取るという流れです。

また、お家でできることとしては

「だらだらと飲食をしない」

「食後の歯磨きができないときは(リカルデント)ガムを噛む」

「フッ素入りの歯磨きを使う」

など具体的に実践できることもあります。

定期的に虫歯のチェックで検診に来ていただくことをお勧めいたします。

ページのトップに戻る

美容院へ行くように歯科医院へ

髪の色がやや明るめな人もいれば漆黒の人もいるように、歯や歯茎の色も人によって異なります。

たとえ黄色みがかっていたとしても全部の歯がそうであれば特に心配はいらないということです。

ただ、嗜好品による歯への着色や、不十分な歯磨きが気になるのであれば、1か月~数か月に一度くらいは歯科医院へ行って歯科衛生士によるPMTC(専門家による機械的な歯の清掃)を受けることをおすすめします。

毎日積み重なっていく磨き残しの汚れを解消する爽快感は快適です。

定期的に歯科医院に来ていただくことは虫歯予防にも大きな意味がありますし、いつも口腔環境を良い状態に保つことができます。

皆さんがいつも髪の手入れで定期的に美容院に行くように、歯科医院へも、、という習慣が一般化することが私たちの願いです。

ページのトップに戻る

口内炎について

もともと口内炎は、体力の弱った時、全身的な疲労が激しい時や胃腸が弱っているとき、また熱を出した時などに起こります。

最も一般的なのはアフタと呼ばれる白くて丸い潰瘍で1個~数個が頬や唇の内側などにできます。

このアフタは辛い物や熱いもの、果物の汁などがしみて小さいながらも激しく痛みます。

特に治療しなくても数日か長くても2週間以内に自然治癒することがほとんどですが、大きいものになると1、2か月かかるものもあります。

もし口内炎ができたときは刺激物は避け口の中を常に清潔に保つよう心がけましょう。粘膜への刺激が少ないうがい薬を使うのもいいでしょう。

またいつもと違う違和感のある口内炎であれば歯科の受診をしてください。また、体調の異変、疲労・ストレスの度合いも改めて確認してみましょう。

口内炎は体に何か異変が起こっていることを教えてくれるシグナルでもあります。

こちらの歯科での治療はステロイド軟膏を塗布する方法があります。

ページのトップに戻る

治療中断のリスクについて

こんにちは。

本日は治療中断のリスクについてです。

現在治療途中にしてしまっている歯はありませんか?

転勤やお引越しのタイミングで次の病院を見つかられないままになっていたり、

治療箇所が多いと通院が億劫になってしまい予約をキャンセルしたままになっていませんか?

【虫歯を放置した場合】

虫歯を放置しておくと中で進行してしまいます。

歯は内部が柔らかいので見た目で判断しても分かりづらく、痛くなってからでは思っているより進行してしまっているケースも多いです。

神経を抜いて根の治療を始めなくてはいけないこともあります。

【詰め物が取れたり欠けたままになっている場合】

こちらも上記と同じ理由で虫歯が進行しやすくなります。また噛み合わせが変わってきてしまいます。

詰め物が欠けたり取れてしまうのは何か治療が必要な理由がある時がほとんどです。

【根の治療を中断している場合】

既に根の治療を始めていて、それを中断してしまっていると根の中で感染が進行してしまいます。

神経を抜いた歯は歯自体には感覚がなくなりますので痛みも感じづらく気付くのが遅れます。

久しぶりに根の治療を再開しようと中を見てみると抜歯になってしまうケースもあります。

【歯を抜いたままにしている場合】

虫歯や歯周病で歯を抜いたままにしていると、咬み合わせが変わってきてしまうことがあります。

また、無意識のうちに歯がある反対側で咬むことが増え、そちら側の負担を増やしてしまいます。

【歯周病の治療を中断している場合】

歯周病の治療は虫歯の治療よりも回数がかかることが多く、また元々患者さんご自身では痛みを感じていないことが多いので

治療の必要性をうまくご理解頂けていないと通院が面倒になってきてしまうこともあります。

しかし歯周病は自覚なく進行してしまい、気づいたら抜歯せざるを得ない状況になってしまうこともあります。

ご自身の負担にならないようご都合をみながらぜひ頑張って通ってくださいね。

歯科の受診が久々になってしまっている方も是非タイミングをみつけて治療を再開していただければと思います。

お待ちしております。

通院回数や期間など、ご希望やご不明のことがあれば担当衛生士や担当医師にご相談ください。

また、現在感染症対策として御来院を控えている方で、治療再開の時期や治療相談などございましたらお電話でもお受けいたします。

ページのトップに戻る

舌の働き

皆様、こんにちは。

今日は舌の働きについてです。

 

舌には、食べ物を取り込む、飲み込む「咀嚼、嚥下機能」、発音する「構音機能」、食べ物の味を感じる「味覚機能」の3つの重要な働きがあります。

 

①咀嚼、嚥下機能

食べた物が、喉から食堂、胃へ送り込まれること、飲み下すことを嚥下といいます。

舌は口の中にある食べ物を上手に食道に送り込む重要な働きをしています。

 

②構音機能

話しをしたり歌ったりする時には、舌を動かして音を作っています。

カ行では舌の奥、タ行では舌の前方、ラ行では舌の先端を動かして発音しています。

 

③味覚機能

味は甘味、塩味、酸味、苦味、うま味が絡み合って構成されます。

この味は味蕾で感じます。

舌の機能が低下すると、味の感じ方も変化することがあります。

また、舌に汚れがたまると味を感じにくくなることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップに戻る

知覚過敏について

冷たいものや熱いものを食べたり飲んだりした時に

瞬間的な鋭い痛みを感じたことはございませんか?

それは知覚過敏かもしれません。

冷たい飲み物やアイスを口にする事が多いこの今の時期は

症状が出る方が多くいらっしゃいます。

知覚過敏はエナメル質と呼ばれる歯の表面の部分が傷ついたり擦り減ったりすると

その下の象牙質と呼ばれる組織が露出し、痛みを引き起こします。

象牙質には象牙細管という細い管が走っており、歯の中心にある神経部分に

繋がっています。

熱いものや冷たいもの、すっぱいもの、歯磨きによる刺激を神経が受け

しみるといった症状が出ると言われています。

象牙質が露出してしまう原因は

・不適切な歯磨き、または歯周病による歯肉の退縮

・酸を含む飲食物の多量摂取によるエナメル質の軟化、侵食

などが考えられます。

知覚過敏かな?と思うようなことがありましたら、

当院で治療もできますのでいつでもお気軽にご相談ください。

ページのトップに戻る

【お知らせ】 6/22(月)午前休診のご案内

誠に勝手ながら6/22(月)午前中は

休診とさせていただきます。

午後は通常通り診療いたします。

ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが

何卒よろしくお願いいたします。

ページのトップに戻る

【お知らせ】6/17(水)の午前休診のご案内

誠に勝手ながら6/17(水)午前中は

休診とさせていただきます。

午後は14時より診療開始いたします。

ご不便をおかけいたしますが

何卒よろしくお願いいたします。

ページのトップに戻る

小児歯科について

こんにちは。今回は小児歯科についてお話ししていきます。

歯は子供の時から大事なものです。小児歯科は医科の小児科と同じように、子どもさんを中心に予防や保健指導、治療をしているところです。専門の知識と技術を持った歯科医師と設備で対応していますから安心です。

乳歯も永久歯も虫歯の治療は特に違いないです。虫歯になって穴が開いてる場合は削ってセラミックやプラスチックで詰めるのが基本です。もっと深いむし歯や痛い時は神経を取るような処置をして冠をかぶせたりします。 治療する時も恐怖や痛みを取り除くために局所麻酔をして治療されることが多く、時間もかかりますので子どもさんにとっては嫌なものです。乳歯はどうせ生えかわるものというのはまちがいです。お子さんの正常な成長発育には欠かせないものです。綺麗な乳歯は綺麗な永久歯や正常な歯並び、かみ合わせへの第一歩です。治療と同時に予防もさらに大事なことです。

虫歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないで済むようにすることです。予防と一口に言っても色々あります。ご家庭での歯みがき習慣などのケアはもちろんですが、それ以外には歯科医院での定期的なチェックを受けることも大切です。特に成長するお子さんは小児歯科医院での定期健診を是非おすすめします。

ページのトップに戻る

家にいる時こそしっかり食後の歯磨きを

皆さんこんにちは。

家にいる時間が長くなり、ついつい歯磨きをおろそかにしてしまいがちですが...

今回は毎食後の歯磨きとその目的についてです。

子供のころは歯磨きを嫌がったり、大人になったら外出先で歯磨きが難しい等、歯磨きのタイミングを逃すことはよくあります。

しかし、食後の歯磨きにはタイムリミットが存在していて、食後30分以内が勝負だといわれています。

食べたものの中にある糖分を栄養として、口の中に常時住んでいる「ミュータンス菌」が活性化し、歯を溶かそうとする酸性度が高まるのが食後30分ほど続くからです。

強い酸は歯のエナメル質からミネラルを奪って表面を溶かそうとし、ミネラルが表面から少なくなって白っぽくなった状態を「脱灰」といいます。

しかしこの段階ではまだ虫歯にはなりません。充分に口の中に唾液があれば唾液の作用で口中は中性化してミネラルもまた戻って「再石化」を始めるからです。

このように食事のたびに「脱灰」と「再石化」を繰り返されています。

この時に唾液の力だけに頼らず、歯ブラシで食べ物のカスや汚れを取り除くことによって虫歯の発生を防ぐことが出来ます。

また、歯ブラシで磨くことによって唾液の分泌が促すことが出来るので、歯磨き粉はなくとも歯ブラシだけ持ち歩いてみるのもいいかもしれません。

もちろん唾液に殺菌作用があるので、口の中が乾いたり、歯を磨けない状況の時はうがいをするだけで雑菌の増殖を防ぐことが出来るのでぜひ試してみてください。

家にいる時間が長い今、3食しっかり食べて、しっかり磨いてみてください。

ページのトップに戻る

キシリトールの摂取方法

今日はキシリトールの摂取方法についてご説明させていただきます。

 

キシリトール製品には色々ありますが、甘味料の50%以上がキシリトール、

また総重量のほとんどがキシリトールで占められている物がむし歯予防に有効です。

ショ糖が含まれている物はキシリトールが含まれていても効果が発揮されません。

製品を選ぶ際にはラベルを見て確認してみてください。

 

摂取の仕方も効果的な方法があります。

キシリトールは1日5〜10g、キシリトール100%使用のガムなら4〜10個が目安です。

毎日3回以上、むし歯になりやすい方は5回以上、食後や間食後に食べると良いとされています。

継続して続ける事、1日を通して少量を回数多く食べる事が効果的です。

 

 

普段からガムやタブレット・飴を口にする機会が多い方はぜひキシリトール効果のある製品に変えてみて下さい。

生活習慣を変えず、製品を変えるだけでむし歯リスクを下げ、プラーク(歯垢)付着も下げられますよ。

 

今までガムなどを口にする習慣のない方は、むし歯予防としてぜひ取り入れてみて下さい。

 

 

キシリトールは矯正中の方にもおすすめです。

矯正中は口の中に装置が入るため、唾液の分泌が減ったり歯磨きがしづらくなるなどむし歯のリスクが高まります。

そこでキシリトールを摂取する事で唾液の中のミュータンス菌(むし歯をつくる細菌)数を減らし、プラーク(歯垢)付着を防ぐ事でむし歯予防を行えます。

またガムを咀嚼する事によって唾液の分泌を促進させる効果もありますのでぜひ取り入れてみて下さい。

 

 

キシリトールの事でわからない事、ご質問などあればいつでもご相談下さい。

ページのトップに戻る

キシリトールの効果

今日はキシリトールの効果についてご説明したいと思います

 IMG_3529.jpg

キシリトールとは天然素材の甘味料で、シラカバやカシなどの樹木からとれる成分が原料です。

ショ糖(砂糖の主成分)と同じ甘さなのにカロリーは約75%です。

 

 

むし歯の原因は色々ありますが、その一つであるミュータンス菌に対して大きな影響を与えむし歯予防が期待できるのがキシリトールなんです。

 

 

キシリトールの効果

1、ミュータンス菌の減少

キシリトールを摂取し続ける事でプラーク(歯垢)の中のミュータンス菌が減少します

2、ミュータンス菌の質を変える

ミュータンス菌の中にもむし歯を作りやすい菌と作りにくい菌が存在しますが、作り出す方の菌の力を弱めていきます

3、プラーク(歯垢)の減少

プラーク(歯垢)が歯の表面に付着していると様々な菌が歯に付きやすくなります。

プラークが減少する事で歯の表面に菌が付着するのを防ぐことが出来ます

4、酸の生産抑制

ミュータンス菌は糖分から酸を作り出し歯を溶かします

キシリトールからは酸を作り出すことが出来ません

 

ミュータンス菌はむし歯のきっかけを作る菌です。

キシリトールを摂取し続ける事でその菌が減少し、質が変わり、プラーク(歯垢)と酸が、作られなくなるとむし歯になりにくくなります。

 

 

キシリトールの1日摂取量は制限がないですが、中には一時的にお腹が緩く事があります。

ガムを1粒で緩くなる方もいれば、10粒食べても緩くならない方もいます。

心配ならまずは1日1粒から始めて見てください。

 

 

当院では歯科専売のキシリトールガムを販売しておりますので、ご興味のある方はぜひ試してみてくださいね。

ページのトップに戻る

床矯正

こんにちは。

先日、当院ではまだ取り入れていない床矯正の勉強会に参加してきました。

今は歯科の勉強会もオンラインでのものとなり慣れない事ではありますが、

全員が一か所に集まっての勉強会より、それぞれバラバラの場所からであまり他の参加者の存在が気にならない分

質問などもしやすい雰囲気で、いいこともあるなあと思いました。

さて矯正には現在色々な種類があります。

歯一本一本に装置をつけてワイヤーでしめていくものや、ご自身で取り外しのできるマウスピース型のもの、

また、今回私が参加させていただいたのは小児の顎の成長や乳歯から永久歯への生え変わりのタイミングを用いた取り外し式の拡大装置です。

患者様の年齢や、それぞれのご希望(目立つ装置は嫌だ・裏側からやりたい)に合わせてベストな矯正治療法をご提案できるよう引き続き勉強していきます。

無料相談もしております。

ご興味ございましたらお電話、またはスタッフまでお声がけください。

ページのトップに戻る

歯の着色について

こんにちは。

 

今回は歯の着色についてお話ししていきます。

 

歯の着色はタバコだけでなく、飲食物によっても起こります。

湯のみに茶シブがつくように、歯にもお茶や紅茶、コーヒー、コーラ、ワイン、カレーなどでも着色します。

このような着色は普段の歯磨きだけでは完全に取り除くことができません。

歯科専用の器具で落とすことができるので、気になる方はいつでもお気軽にご相談ください。

ページのトップに戻る

【お知らせ】GW期間中の休診日

【お知らせ】

GW期間中の休診日と診療日のご案内です。

●休診日

5/3(日・祝)

5/4(月・祝)

5/5(火・祝)

●診療日(~17:00の短縮診療です)

5/6(水・祝)

5/7(木)より通常診療となります。

ご来院の際はお電話をお願いいたします。

ページのトップに戻る

唾液の働きについて


皆様、こんにちは。
今日は、唾液の働きについてです。

唾液は1日に1〜1.5リットルも分泌されるといわれています。
唾液には、お口の粘膜の保護などさまざまな働きがあり、お口や歯をはじめ私達の体全体を守っています。

①唾液はお口の中で大活躍
唾液の働きとしてまず挙げられるのは、歯茎や舌などの粘膜を保護して、傷つかない様にする潤滑作用です。
食べたり、喋ったりするのをスムーズにしている働きです。

②お口の中や歯を守る
食べかすを洗い流してお口に残るのを防ぐ洗浄作用や、お口の中の酸性度pH値を正常に保って歯が溶けるのを防ぐ緩衝作用、唾液に含まれるタンパクで細菌を集める凝集作用、細菌をお口の中から排出すること作用など、むし歯や歯周病から歯を守る働きも沢山あります。
また、唾液内の糖タンパクにより、歯の表面に形成されるペリクルは歯を保護します。
さらにペリクルは、お口の粘膜を修復する成分も含んでおり、傷を治す作用もあるといわれています

ページのトップに戻る

おすすめの歯磨き粉

こんにちは

今日は新宿パークタワー歯科で販売しているオススメの歯磨き粉を2つご紹介させていただきます。

リナメルホームペースト

 

IMG_3326 (1).jpg

 

歯を研磨するのではなく、微細な凸凹をナノ粒子のHAが埋めていく事で艶やかな美しい歯をつくる事が出来ます。

汚れを『落とす』のではなく、『付きにくく』するのを目的とした歯磨き粉です。

薬用ハイドロキシアパタイトが成分として含有されており、以外の効果が期待できます。

・プラーク(歯垢)の付着除去

・ミクロのキズの修復

・再石灰化の促進

また抗炎症作用、強い殺菌作用、抗カビ作用のある薬用成分も含有されています。

使用後は歯の表面がツルツルとするのが特徴です。

研磨剤が入っていないので、研磨剤入りを避けたい方におすすめです。

チェックアップスタンダード

 

IMG_3327 (1).jpg

 

・歯や歯茎に優しい低研磨

研磨力は弱く歯の表面を必要以上に傷付けずに磨く事ができます。

・高濃度フッ素(1450ppm F)含有

高濃度のフッ素入りの歯磨き粉を使う事で虫歯予防の効果が期待できます。

・低発泡、低刺激

発泡が抑えられる事で少量の水で洗口出来ます。

フッ素含有の歯磨き粉ですので、むし歯のリスクが高い方や初期むし歯がある方におすすめです。

この2つの歯磨き粉は着色予防にも効果がありますので、着色が気になる方もぜひ使用してみて下さい。

既に着色がある場合は除去が難しいので、クリーニングを一度お受けいただく事をお勧めいたします。

ご不明な点があればお気軽にご質問ください。

ページのトップに戻る

新型コロナウイルスの濃厚接触の定義

新型コロナウイルスの濃厚接触について


新型コロナウイルスの濃厚接触について定義が変更になったのを皆さまご存知でしょうか?




国立感染症研究所の発表によると、以下のように変更になりました。





●接した時期
『発症日以降』→『発症2日前』


●距離
『手で触れる事、または対面で会話する事が可能な距離(目安として2メートル)』
→『手で触れる事が出来る範囲(目安として1メートル)の距離で、必要な感染予防策なく、患者と15分以上の接触があった者』




時期は2日早まり、距離が1メートルに短縮され、対面以外の会話もふくめるなど範囲が広がったようです。




距離が短くなる事で電車などでの移動の際は少し安心出来るようになるかもしれませんが、引き続き距離を保つことは必要だと思います。


発症2日前から濃厚接触となると、いくら気をつけていても感染した本人が自覚症状出る前からとなるため、
今まで以上に感染予防はしっかりと行っていかないといけませんね。





当院では受付での待ち時間は極力なくし、個室の診療室へ速やかにご案内するよう努めて他の方との接触は少なくなるよう努めております。




また不特定多数の方が触れるような箇所は頻繁に消毒しておりますのでご安心ください。




何かご心配な事があればいつでもご相談下さい。

ページのトップに戻る

新型コロナウイルスの感染対策について

新型コロナウイルスの感染対策について

 

皆様こんにちは。

新宿パークタワー歯科では患者様に安心してご来院いただけるよう、

普段から感染症予防対策をしっかりと行っておりますが、

新型コロナウイルスの感染対策として新たな対策も行っておりますのでご説明させていただきます。

◆当院で行っている感染症対策について◆

医院入口にアルコール消毒剤を設置

ご来院の方への手指消毒をお願いしております。

受付・各診療室に空気清浄機を設置

空気清浄機を常に稼働する事で、ウイルスの不活性化をし感染予防をしています。

マスク・グローブの交換

グローブは患者様ごとに交換をし、口腔外に触れた際にも交換しております。

紙コップ、紙エプロンの使用

ディスポの物を使用し患者さまごとに破棄。

患者さま毎の治療器具の交換、滅菌

使用後の器具は患者さま毎に交換し、滅菌パックと呼ばれる袋へ入れ滅菌を行っております。

使用する直前に滅菌パックを開封する事で滅菌状態が保たれます。

医師・スタッフの頻繁な手洗い、手指消毒、うがい

常に手を清潔に保つため頻繁に手洗い、手指消毒を実施しています。

患者さま診療毎の洗口液でのうがいも徹底しています。

不特定多数の方が触れる箇所の重点的な消毒

患者さまのうがいは洗口液を使用

口腔内のウイルスが減少し、かつ洗い流されるためエアロゾルの発生を減少させます。

そのため、毎回ゆすぐ度に洗口液を入れさせていただいています。 

▪️新型コロナウイルスへの対策▪️

医師・スタッフのマスク着用の徹底

受付スタッフを含め、診療時以外にもマスク着用を徹底させていただいております。

受付の新聞、雑誌等の撤去

他の方が触った物へ触れないよう、撤去させていただいております。

ブランケットの撤去

お足元が気になる方、寒い方へはご用意致しますのでお声がけ下さい。

使用後はすみやかに洗濯させていただいております。

医師・スタッフの感染対策の徹底

医師・スタッフは毎日自宅での検温を実施。

各自、体調管理もしっかりと行っています。

このように当院ではしっかりと対策を行っておりますので

ご心配な事があれば、お気軽にお電話でご相談下さい。

 

ページのトップに戻る

むし歯の原因

皆さんは何でむし歯になるのか考えたことはありますか?

ハブラシが下手だから...

ちゃんと汚れが落とし切れてないから...

甘い物が好きだから...


本当にそれだけが原因なのでしょうか?

むし歯は

・唾液の性質

・清掃状態

・食事頻度

などの要因が重なって、発生し大きくなってしまいます。

原因は必ずしも1つではないので、1人1人むし歯のリスク要因は違います。

甘い物を控えているのに...

歯ブラシ頑張っているのに...

それでもむし歯になってしまった事はありませんか?

もしかすると、ご自身のリスクに合ったケア出来ていないかもしれません。

ご自身にあったケアをしていくために一度、唾液検査をおこなってみませんか?

唾液検査を行うことでむし歯のリスク要因を探ることができます。

そしてその結果をもとに、ご自身のリスクにあったケアを知ることができるのです。

『一所懸命歯ブラシ頑張ってるのにむし歯が良くできてしまう。』といったお悩みも

解決することができると思います。

ぜひ一度お受け頂なってみてください。

ページのトップに戻る