スタッフブログ

保険治療と自費治療

歯科治療には、保険治療と自費治療の二つの治療法があります。

保険治療は国民皆保険制度によって、歯科治療を受けた場合に治療費の一部を公的保険で補助を行うものです。

そのため患者さんの自己負担は少なくてすみます。しかし、治療法、技術、使用できる材料には制限があります。

機能、審美回復の範囲もおのずから限界があります。

一方、自費治療は患者さんが治療費を自己負担で行う治療です。医療全般と同様に歯科の技術・材料も日々進歩しています。

しかしその新しい治療法や材料は保険の範囲を超えるものが多いです。

自費治療では保険の枠にとらわれず、最新の医療や材料を患者さんの希望に合わせて行うことができます。

例えば外観の美しさを求める治療法や、より快適な機能回復を求めるもの、できるだけ身体に害のない材料を用いる治療などです。

ただし、保険治療に比べて質の高い歯科治療を提供するために材料費、人件費、歯科医師の継続的な研修の必要性などそれ相応の費用と時間がかかります。

いずれにしても患者さんがご自分でうける治療の選択肢の説明をしっかり受け、

メリットデメリットを理解し納得した上で治療を受けることが大切です。

また、どんなに良い治療をうけたとしても、その後の日々のケアが重要なことには言うまでもありません。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

口内炎

こんにちは。

毎日寒い日が続いておりますが、体調等崩されていませんか??

今回は口内炎についてです。口内炎とは、口の中の粘膜や舌に起こる炎症を総称したもの。「口内炎」には多くの種類がありますが、痛みのあるなしで、有痛性と無痛性に分類され、また見た目から「カタル性口内炎」、「アフタ性口内炎」、「潰瘍性口内炎」に分類されます。

ウイルスや細菌に感染する、歯ブラシ等があたって傷つく、あるいはアレルギーなどが原因で口内炎ができますが、最も多く見られる「アフタ性口内炎」は、原因がわかっていません。ちいさな白い潰瘍ができ、繰り返すこともありますが。だいたい1~2週間ほどで自然に治ります。


口の中には、常日頃から細菌やウイルスがたくさんいて、粘膜がよせつけないように抵抗していますが、カラダの抵抗力が下がると粘膜の機能も低下し、感染しやすくなるのです。口内炎ができやすい要因は、次のようなことが考えられますから、予防のためにも気をつけましょう。

● 疲労や睡眠不足が続いている
● ストレスがたまっている
● 風邪や胃腸障害など、体調をくずしている
● 食事が不規則で、ビタミン不足になっている
● 口腔の乾燥、口腔内の不衛生

このような事柄によって口腔内の環境が変化し出来上がります。

もし口内炎ができてしまいましたら塗り薬など対策がございますので、お気軽にご相談ください。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

   

奥歯の力

食べ物を噛むとき、歯や歯肉にはとても大きな力がかかります。

前歯には約20キロ、小臼歯(4~5番目)には約30キロ。

そして大臼歯(6~7番目)には約40~50キロの力がかかっているといわれています。

日常生活でも立ち上がったり、物を引っ張ったり押したりと、

様々な動きの際に無意識に奥歯を噛み締めています。

つまり力を入れる時の踏ん張りを支えるのが奥歯ということです。

その為、歯ぎしりや食いしばりが強い方は特に奥歯が欠けたり、

全体的にすり減ったりということが多くあります。

また就寝中の無意識の噛む力を抑える為にも夜つけるマウスピース、ナイトガードは効果的です。

奥歯の欠けや食いしばりが気になる方はぜひナイトガードを検討してみてください。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る