スタッフブログ

« 口内炎 | | 親知らずを抜きたい »

保険治療と自費治療

歯科治療には、保険治療と自費治療の二つの治療法があります。

保険治療は国民皆保険制度によって、歯科治療を受けた場合に治療費の一部を公的保険で補助を行うものです。

そのため患者さんの自己負担は少なくてすみます。しかし、治療法、技術、使用できる材料には制限があります。

機能、審美回復の範囲もおのずから限界があります。

一方、自費治療は患者さんが治療費を自己負担で行う治療です。医療全般と同様に歯科の技術・材料も日々進歩しています。

しかしその新しい治療法や材料は保険の範囲を超えるものが多いです。

自費治療では保険の枠にとらわれず、最新の医療や材料を患者さんの希望に合わせて行うことができます。

例えば外観の美しさを求める治療法や、より快適な機能回復を求めるもの、できるだけ身体に害のない材料を用いる治療などです。

ただし、保険治療に比べて質の高い歯科治療を提供するために材料費、人件費、歯科医師の継続的な研修の必要性などそれ相応の費用と時間がかかります。

いずれにしても患者さんがご自分でうける治療の選択肢の説明をしっかり受け、

メリットデメリットを理解し納得した上で治療を受けることが大切です。

また、どんなに良い治療をうけたとしても、その後の日々のケアが重要なことには言うまでもありません。


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科