スタッフブログ

« 重要な噛み合わせ | | みんなの味方、フッ素 »

初期むし歯って何?

CO(Cories Obsavation /カリエス オブザベーション)

と表示される初期むし歯。これは脱灰と呼ばれる段階でまだ歯の表面に穴もなく、わずかに白い斑点がある状態です。

厳密にいうとむし歯ではなく、痛みもありません。

しかしそのまま放置すると必ず表面のエナメル質は溶けて歯に穴があきます。

脱灰はエナメル質の内部のミネラル分がごく一部溶けだした状態です。

逆に唾液の成分のカルシウムなどのミネラルイオンが歯に入って脱灰部分に沈着することを再石灰化といいます。

この脱灰と石灰化は日常的に繰り返されています。

しかもこれが繰り返されているうちにエナメル質の表面が変化して酸に溶けにくい性質になることも分かっています。

つまり虫歯になりにくい丈夫な歯になるということです。

唾液によって再石灰化が促され、歯が丈夫になることは大変うれしいことです。何もせずとも虫歯予防をしているようなものです。

ところでこの再石灰化をより後押しする方法があります。

唾液のカルシウムイオンに吸着を促進させるのがフッ素です。フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをすることが効果的といわれるのはそのためです。

また再石灰化には歯の表面がきれいに清掃されている方が促進効果が高まることもわかっています。

食後の歯ブラシによる汚れの除去はやはり意味があるのです。


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科