スタッフブログ

« プラークについて | | 初期むし歯って何? »

重要な噛み合わせ

原因不明の不調に悩まされていた人が噛み合わせを治したら嘘のように調子が良くなったというケースはよくあります。

特に頭痛、肩こり、関節痛、目の疲れなどの症状が多いようです。

噛み合わせのずれは一度には起こりません。

虫歯や歯周病で痛む歯を庇って噛んでいたり、歯が抜けたところをそのまま放置したりしているうちに

徐々に上下の噛み合わせが変わってくるのです。

緩やかな変化のため本人の自覚としてないことが多いです。それにつれて体の変調も知らない間に起こってくるのです。

なぜ噛み合わせが変わると体への影響が出るのでしょうか。

噛むための筋肉は首や肩の筋肉と連動しています。均等に筋肉を使っていない場合は、使っている方の筋肉ばかりが硬直して血管や神経が圧迫されます。

筋肉にかかるストレスがアンバランスになるとそれを解消しようとして不均衡が起こります。そのため肩や首の凝りや目の疲れなどの症状が起こるのです。

もし長年整形外科などへ通ってもあまり改善しない症状をお持ちの方は一度歯科医院で噛み合わせのチェックをしてもらってはいかがでしょうか。


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科