スタッフブログ

歯磨き粉について

歯磨き粉の選び方についてです。

歯ブラシ同様、歯磨き粉も数多くの種類が販売されていますが、悩む場合は「成分」に着目してみてはいかがでしょうか。

フッ素(フッ化ナトリウム)
歯の表面のエナメル質を強くし、虫歯を予防する効果があります。市販されている歯磨き粉の多くに含まれている成分です。

トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムなど
歯を磨くと血が出る、口臭が気になる、歯がグラグラとするなどの症状がある場合は歯周病が疑われますので、炎症を抑える作用があるトラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムなどの成分が含まれた歯磨き粉を選ぶといいでしょう。

ハイドロキシアパタイト、ポリリン酸ナトリウムなど
歯が白くなる歯みがきによく含まれている成分です。歯の沈着汚れ(ステインやたばこのヤニなど)を除去し、ホワイトニング効果があります。
乳酸アルミニウム、硝酸カリウムなど
虫歯がないのにも関わらず、冷たいものを飲むと歯が沁みる・痛いなどの症状がある時は、知覚過敏の恐れがありますので、乳酸アルミニウム、硝酸カリウムなどの知覚過敏を改善する成分が含まれている歯磨き粉を選びましょう。
無添加や液体はみがき
日本で販売されている歯磨き粉は、全て厚生労働省の認可を受けており安全性が確認されていますが、一方で歯磨き粉に含まれる研磨剤や発泡剤に対して不安に思う方も多いのが現状です。
そのような場合は、無添加の歯磨き粉も市販されているのでそちらを利用してみてはいかがでしょうか。
また、液体はみがきには研磨剤が含まれていないため、歯を傷めることなくはみがきをすることができます。
この他、市販のものを使用したくない場合は、重曹を歯ブラシにつけて磨くだけでも歯の汚れをとることができます。

気になることご質問等ございましたらお気軽にお聞き下さい。
ご来院お待ちしております。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

根の治療と歯の神経について

こんにちは!

今回は、治療の中でもよく行われる根の治療と歯の神経についてお話ししたいと思います。

みなさんは根の治療についてどのくらいの知識をお持ちですか?

根の治療には、大きく分けて2種類あります。

1つ目は、むし歯が進行して歯の神経まで達してしまった場合などに行う、歯の神経を取り除く処置です。

2つ目は、一度神経を取った歯が何らかの形で細菌に感染してしまった場合に、歯の神経が入っていた根っこの中を消毒してお掃除する処置です。

根の治療を行った歯にはその後、土台をたてて、つめ物やかぶせ物をしていきます。

ここまでざっくりと根の治療について述べてきましたが、みなさまは歯の神経がとても大事だということ、そして、歯の神経を取った後の歯のリスクについてご存知でしょうか?

まず、歯の神経の役割について述べていきます。

歯の神経は、歯科用語では歯髄(しずい)といいます。

歯髄は、歯の歯髄腔(しずいくう)という、いわゆる歯の根っこの中の神経の入ってるお部屋の中に存在します。

そのお部屋の中には血管も豊富に存在しています。

その血管を通して歯をつくる細胞に栄養を供給しています。

また、歯髄には痛みを感知する能力があり、これによってむし歯や異変に気づくことができます。

そして、歯髄には象牙質と呼ばれる歯の構造の一部をつくることにより、歯の厚みを増してむし歯に抵抗し、痛みを防ぐ役割も果たしています。

これらの役目を担っている歯髄を取るとどうなるでしょうか?

歯髄をとった歯は、栄養が供給されなくなるため、歯髄のある歯に比べてもろく弱くなります。

その結果、歯が折れやすくなったり、変色してきたりします。

(歯髄を取ってしまった歯は、歯髄がある歯に比べて寿命も短くなります。)

また、痛みを感じなくなってしまうのでむし歯が進行しても発見が遅れてしまいます。

(よく、歯の神経を取ったらその歯はむし歯にならないと思われている方がいますが、神経がなくてもむし歯にはなるのでご注意を!)

以上のことから、歯の神経はとても大事なものだということをご理解していただけたかと思います。

一番大切なことは、日々、むし歯にならないようにしっかりと歯を磨いて予防を徹底することです。

そして、特に症状がなくても定期的に歯科医院に行ってお口の中をチェックしてもらいましょう。

それでもむし歯になってしまう方もいらっしゃると思いますが、早く気付くことができれば最小限の処置で済みます。

以前にむし歯の治療を受けたり、神経を取ったりしたことのある方は、その歯がそれ以上悪くなっていないかも診てもらうことをオススメします。

長くなりましたが、このブログをご覧の方々に少しでも歯の神経について知ってもらえたら嬉しいです!

何かご不明な点、ご質問などございましたらいつでもご連絡お待ちしております。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

ブラキシズムについて

おはようございます。今日はブラキシズムについてお話をしようと思います。そもそもまずほとんどの方が『ブラキシズム』という単語を聞いたことがないかと思います。もしくは、聞いたことがある方でもその意味について理解されている方も少ないかと思われます。

では、ブラキシズムとは何であるのか??

ブラキシズムとは、歯科で使われる専門用語で、お口やその周辺の器官に見られる習慣的な癖(専門的には非機能的動作あるいは口腔習癖といいます)の一つです。

そして、主に代表的なブラキシズムとして歯ぎしりや噛みしめが挙げられます。

歯ぎしりは睡眠中に行っています。ですから、自覚することは少なく、周囲の人に知らされて、初めて気づくことがほとんどです。一方で噛みしめは、日中・夜間に関わらず、無意識のうちに歯を食いしばってしまうものです。これらを総称してブラキシズムといいます。

では、ブラキシズムはどうして問題なのか??

ブラキシズムは、歯・歯肉・歯槽骨(歯を支える骨)とその周囲の組織に、様々な影響や弊害を及ぼします。歯や周囲の骨などが受け止める咬む力は、強い人では70kgを超える、とても大きな力です。ブラキシズムの場合、その大きな力が持続的に加わるため、硬い物を食べる時のように一瞬だけ強い力がかかる場合よりも、ずっと大きな影響がでるのです。

例えば歯の変化では、

①歯が磨り減る ②歯がしみる(知覚過敏) ③冠や詰め物が外れる ④歯が割れる etc,,,

などが挙げられます。

しかしながら、ブラキシズムは発見しにくいです。そもそもメカニズムがはっきりしてないですし、ブラキシズムがあるという判定が個人では難しいからです。

そのため、早期発見、予防、気づくためにももし気になる事がありましたら一度健診してみるのもいいかと思います。

今日は朝から悪天候ですが、一日頑張っていきましょう!!

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る