スタッフブログ

« 嫌気性の菌って? |

乳歯にはメリット?歯の隙間

【歯と歯の隙間はいいか悪いか】

歯の歯の間に隙間が空いている歯並びのことを空隙歯列といいます。

食べ物がいちいち挟まることや前歯の隙間が審美的ではないといった悩みにつながります。

空隙歯列は顎の大きさに対して歯のサイズが小さいことや先天的に歯の数が足りないことなどによって生じます。

またその隙間に舌を押し付けることが癖になりがちで、無意識のうちに症状を悪化させている可能性もあります。

食べ物をかむこともしずらいほど隙間が広い場合は人工の歯を用いた補綴治療や矯正治療が必要となってきます。

【生え変わりに必要なスペースの確保】

ただし、5歳ごろから発達しはじめる顎の成長につれて乳歯の前歯に隙間ができてくる場合は心配無用です。

これは発育空隙と称してこれから生えてくる永久歯がきれいに並ぶためのスペースです。永久歯は乳歯とくらべて1.5倍の大きさがあるので余裕があるほうがまっすぐ生えることができます。

逆にこの時期に顎の発達を促さずにいると狭い場所に大きい永久歯が押し合いへし合い生えてくることになり歯並びが悪くなります。

よく噛む食事をするなどしてしっかりとした骨格の顎にそだててあげてください。


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科