スタッフブログ

« タフトブラシについて |

むし歯菌がいなくても歯が溶ける?

むし歯菌がいるいないに関わらず歯が溶けることがあるのをご存じですか。

「酸蝕症」という、歯の表面全体が溶ける病気です。

普通のむし歯はむし歯菌の出す酸によって歯の表面が溶け、穴があく病気。

でも「酸蝕症」の原因になるのは食べ物や飲み物に含まれる酸です。

(その他に嘔吐物に含まれる胃酸も原因になります)

・ドレッシング、お酢

・ワイン

・オレンジやレモンなどの柑橘類

ただこれらを飲んだり食べたりしただけで症状が出るわけではありません。

ひどくなるのは一日に何度も何度も口にしている場合。脱灰が起き続け歯が溶けてしまうのです。

そして脱灰の起こっている歯に歯ブラシでゴシゴシすると症状が進みやすくなってしまいます。

溶けかけて柔らかくなっている歯の表面を歯ブラシや歯磨き粉の研磨剤が削ってしまうのです。

例えばソムリエのようにワインをお口全体に広がらせてじっくり味わうとき。それはたくさんの歯を酸にさらしているということでもあります。

ストローで飲むのでは楽しめませんが、、、。

酸蝕症について頭の片隅に置いておいてくださいね。


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科