スタッフブログ

« 歯間ブラシ | | 歯間ブラシとデンタルフロス »

歯科麻酔について

今回は歯科治療での麻酔についてです。

麻酔と聞くと針で刺す痛いもの、というイメージがありますが、

当院ではまず歯茎に麻酔薬を塗って表面を麻痺させる「表面麻酔」をします。

(表面にじんわりと麻酔が効いてきて、歯自体に麻酔をかける際の注射針の痛みも軽減されます。)

その後、「浸潤麻酔」と呼ばれる、いわゆる注射の歯科麻酔を行います。

この時点では感覚もなくなってきて針の痛みもほとんど感じることなく麻酔を終えることが出来ます。

麻酔が切れるまでは個人差がありますが切れかかってきたころに違和感を感じることもあります。

しばらくすると完全に麻酔が切れて違和感もなくなりますのでお食事をとる目安にもしてください。

歯科麻酔が苦手な方はたくさんいらっしゃると思いますので、ご不明な点があればお気軽にご質問ください。


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科