スタッフブログ

歯周病

歯周病とは、歯周病菌によって引き起こされる炎症性の疾患です。

炎症が歯肉にとどまっている「歯肉炎」から、炎症が歯槽骨にまで広がった「歯周炎」へと進行していきます。

歯周病はかかってしまうと、少しずつ進行していくものですが、お口の中の変化に早めに気づいてすぐに必要なケアを行えば、

悪化を食い止めることができるものなのです。

歯肉の変化は歯周病の進行ごとに、以下のようなさまざまな症状として表れてきます。

①「歯肉から血が出る」・「歯肉が丸みを帯びて赤くはれている」

歯肉炎の症状です。この段階ではまだ歯を支える歯槽骨には影響が及んでいません。

しかしこの段階でのケアがとても大切です。しっかり歯磨きをしましょう。歯科にかかってみてもらうことも大切です。

②「歯肉が下がってきた」・「口臭」・「歯のすき間にものが詰まる」

これは歯肉の炎症が強くなり、歯槽骨が破壊されてきた状態で、中度の歯周炎です。

歯科にかかりましょう。炎症が進んでいる場合は、麻酔をして歯石をとったり、歯肉を開く外科手術が必要な場合もあります。

③「歯が長くなったように見える」・「グラグラ揺れる」

歯周ポケットがさらに深くなり、歯は上下にぐらつきます。最悪の場合は歯を失うケースも...

すぐに歯科にかかり、外科手術あるいは抜歯が必要になってきます。

なるべく多くの歯を残せるように先生とよく相談しましょう。

このように歯周病は段階をおって徐々に進行していきます。

お口の中に変化を感じたらなるべく早く歯科にかかり、治療を受けるようにしましょう。

また、定期的に歯科でチェックをしてもらうことも歯周病の早期発見のためには大切なことです。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

ドライマウス

ドライマウスという言葉を聞いたことはございますか?

口の渇き、唾液が出ないといった症状をドライマウス(口腔乾燥症)と言います。

近年、年齢に関係なくドライマウスを訴える人が増えてきています。

ドライマウスかチェックしてみましょう

・気が付くと口で呼吸している

・食べ物の味がしない

・食べ物が咬めない、うまく飲み込めない

・口の中がべたつき、のどが詰まったような感じがする

・口の中がカラカラ、ネバネバしていて水分が手離せない

・口臭を強く感じる

・舌がひび割れて痛い

・舌がからまり話しにくい

・常に飲まなければいけない薬がある

・歯磨きをしているのにむし歯や歯周病になりやすい

・いつも忙しくほっとする時間がなく、飲酒の機会も多い

いかがでしたか?

3つ以上あてはまるようでしたらドライマウスの疑いがあります。

ドライマウスは現代病の一種です。

原因は主に、加齢による機能低下、高血圧、心疾患、免疫疾患で薬を服用

ストレス、口呼吸などです。

自覚症状がなくてもドライマウスの事があります。

放っておくとむし歯や歯周病、口臭も悪化してしましますので

3つ以上あてはまった方は受診をお勧めいたします。

お気軽にご連絡ください。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る