スタッフブログ

 

Q:歯周病にかかりやすさはあるのでしょうか?

A:あります

大きく分けて口の中の状態と全身状態によります。

前者は歯並びや歯周病菌の種類や粘膜の形が影響しますし、

後者は生活習慣(喫煙など)やそれに関する病気(糖尿病など)、

遺伝的影響など、色々な要素が関わって歯周病にかかりやすくなるのです。

また、遺伝子診断、免疫応答・炎症反応の検査により

歯周病にかかりやすい患者さんがいると報告されています。

特に通常は40歳前後に症状があらわれる歯周病が

10歳代後半からあらわれる早期発症型と呼ばれる歯周病がこれにあたります。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

Q:お酒は歯周病に悪いの?

A:お酒そのものが歯周病に悪い訳ではありませんが

多くの場合お酒を飲んだ後は歯を磨かずに寝てしまう、

又は歯磨きを疎かにしてしまう事が多い事から、

歯周病を進行させる原因の一つと言えるかもしれません。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

治療後の痛みについて

虫歯の治療後も、歯がしみる事があります。
これは、虫歯の部分を取り除いた分だけ神経に近くなるので、口の中の刺激がすぐに伝わるためです。
また金属をつめた場合、元の歯質に比べ熱が伝わりやすいので、しみる感じが強まる事もあります。

歯は神経を守ろうとして、新しい象牙質(第二象牙質)を作るので、これが形成されればしみる症状も改善されてきます。

でも、治療したのに痛みやしみる症状が改善されないというのは心配ですよね。 
そんな時は我慢せず、ご連絡下さい。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

知覚過敏

知覚過敏は主に
?歯ぎしり
?くいしばり
?強いブラッシング
による歯と歯肉へのダメージから起こります。
歯の大部分は象牙質というデリケートな組織で構成されており、歯への刺激は象牙質を通って神経へと伝えられます。
健康な歯は硬くて丈夫なエナメル質と健康な歯肉が表明を覆って守っているので、冷たい物や熱い物でしみることはありません。

しかし、強いブラッシングにより歯肉の退縮やエナメル質の磨耗を招き、また歯ぎしりやくいしばりは、強い力によって歯と歯肉の境目に余計な負担をかけ、歯の表面に亀裂が出来たり、歯肉がさがって象牙質を露出させてしまうのです。
その結果、象牙質は少しの刺激でも敏感に反応し、しみる症状が出るのです。
 
軽度な知覚過敏であれば、1〜2週間程度でおさまりますが、露出している象牙質は虫歯になりやすいので、早めにの通院をおすすめいたします。 


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る