クリーニング

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaning

歯肉縁下1~3mmの歯面清掃のことプラーク付着部位を重点的に行う

毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。この部分のお掃除を徹底的に行うのがPMTCです。
ブラッシングでは簡単に落とすことのできないバイオフィルム(細菌の巣)や着色の除去を目的として歯科衛生士が専用の器具を使って行うクリーニングです。
当院では、虫歯や歯周病の治療が終了されている方にお勧めしています。
また、定期的(1~3か月程度)に受けていただくとより効果的です

なぜPMTCを行うのか・・

  • 爽快感がもたらすモチベーション効果があります
  • どうしても磨けない部位の補助を行います
  • バイオフィルムの除去ができます
  • ペーストに含まれるフッ化物によるカリエス予防効果があります

もちろんPMTCを行ったからといって必ず虫歯や歯周病にならないという訳ではなく一番大事なのは日ごろのブラッシングが重要なのです!!
(あくまでPMTCは補助です)

バイオフィルムとは

腔内のプラークの停滞が長いとやがて膜を張り、通常のブラッシングだけでは清掃が困難になります

 

メリット

審美性の向上
ステインを除去し、光沢のある歯牙表面を回復します。
歯質の強化
フッ素の効果で再石灰化を促進し、歯牙を強化します。
虫歯・歯周病の予防
バイオフィルムを破壊し、プラークの再付着を防ぎます。

デメリット

保険外治療のため、料金がかかります。

ページのトップに戻る

PMTCと研磨はどう違うのか・・

研磨は歯面の舌感が良くなるようにツルツルに仕上げることです。
PMTCはプラーク除去と使用するペーストに含まれるフッ化物などによって虫歯、歯周病を予防するメンテナンスの補助ができます。

大きな違い
縁下1~3mmのプラーク除去磨き残しの多いリスクのある部分を重点的に清掃することです

どんな患者様に向いているのか・・

カリエス、歯周病リスクの高い患者様(フッ化物の取り込みによってリスクを下げる)プラークが付着している部位は全て適応できます。

ページのトップに戻る

PMTCの症例

術前 術後

ページのトップに戻る

エアフロー

歯ブラシでは落ちないコーヒー、紅茶、お茶などの色素沈着、タバコのヤ二を短時間で、元の白い歯に戻すことができます。

エアフロー前 エアクロー後

歯ブラシではとれない、歯の表面のステイン(着色)を圧搾空気を使って重炭酸ナトリウムの微粒子(パウダー)を吹き付けて落とします。
歯を削らずに本来のエナメル質の色まで白くなります。
喫煙者の方、ホワイトニングを考えている方にお勧めです。

メリット

短時間で汚れを取り除き、歯本来の白さと自然の輝きを手軽に取り戻せます。
着色を除去する方法として、歯質を削らず、より歯質を傷つけにくい方法です。

デメリット

保健外治療のため、料金がかかります。
処置後、2~3時間は着色作用の強い飲食物の摂取や喫煙を避ける必要があります。

ページのトップに戻る