最新のインプラント治療

インプラントのオペが変わります

インプラントの手術を安全かつ正確に行うため「アイキャット」を導入しました。
「アイキャット」とは・・・

インプラントの手術において一番考慮しなくてはいけないのがあごの骨がどのくらい残っているかということです。
骨の少ないところにインプラントを入れてしまうと骨がインプラントを強固に維持していくことが困難になりやがてインプラントが動揺を起こしてしまう可能性があります。

今までのインプラント治療の診査・診断にはパノラマ写真とCTで骨の状態、埋入位置を確認し手術が行われていました。
しかし実際骨がどのくらい足りないかなど判断するのは精密に診断するには難しいケースもあります。
しかしICATを取り入れた事により3次元的により詳しく診断することが可能になり、骨がどのくらい残っているかなど精密に分析ができたり埋入位置も手術前から決定されているので手術時間が今までよりもかなり短縮されまた患者様の手術後の腫れのリスクが軽減することができます。

3D画像
レントゲン撮影

 

口腔内写真 研究用模型 CT撮影

肉眼上では実際骨が歯茎で覆われているので骨の量が確認しにくいですが歯茎に厚みがないことが確認できるので骨質が少ないだろうと予想できます。

CT撮影でみると歯茎の中の組織がわかるのでどれだけ骨が足りないか肉眼上よりも更にわかりやすく確認することができます。

3D画像では断面図も再現可能なのでどこの部分にどれだけ骨が足りないのか手術前に確認ができるためより安全な治療計画ができます。
CT・3Dによってどの深さまで埋入ができるのかより詳しく確認できるため術前にリアルなシュミレーションが作れます。

中心付近の縦長の円の印の部分にインプラントを埋入する予定になります。
青いラインが入ってるところにインプラントを埋入する
予定の位置となります。

CT画像と3D画像によってインプラントの埋入位置を設定します

手術

埋入を正確に行うために「サ-ジカルガイド」というものを作成します。
「サ-ジカルガイド」とは患者様の」口腔内に合わせて作られたマウスピース型のガイドになります。
埋入する箇所に穴があいており、その部分に合わせてドリルで形成することによって穴をあける場所がずれず安全に埋入することができます。

 

インプラント手術の様子

①ガイドを口腔内に合わせます ②アイキャット専用の機材を用いて形成をします。サージカルガイドには事前に穴が空いてるので、形成時ずれることなく正確にドリリング(骨に穴をあけること)ができます
③ドリリングが終わり穴が形成されました ④インプラントが埋入されました
⑤骨の足りないところには人工の骨を充填します ⑥縫合して終了となります。人工骨も足したので歯茎に十分な厚みがとれています。

このような術式でオペは行われます。
サージカルガイドがあることによってスムーズに手術を進めることができるので患者様のリスクや負担をかなり軽減できます。