インプラント治療の6つのステップ

1.診断と治療計画

まず体の健康状態を確認します。次にレントゲン写真・模型上で咬みあわせ・骨の量・形状、埋入位置を決定します。

2.インプラント植立

インプラントの埋入手術を行います。約1時間くらいです。

3.治療期間

6~8週間待ちます。

4.印象(型取り)

型取りを行います。2週間くらいで仕上がってきます。

5.補綴(セラミックの歯)

お口の中で微調整を行います。

6.治療チェック

検診で確認させていただきます。被せ物は術者によって着脱可能です。土台と被せ物のクリーニング、ネジの締まり具合を調整します。

インプラント治療の流れ 
※2回法の流れです

1.診察相談(約30分)

カウンセリングや治療方針、治療費の説明をします。

2.精密検査(約20分)

レントゲン、口腔内写真、歯の模型の作製をします。

3.治療計画の説明(約30分)

前回までの診断結果の報告と、これからの治療について説明します。

4.インプラント治療の前処置(必要に応じて)

歯周病治療やカリエス治療など残存歯の治療をします。 また骨造成なども行う場合もあります。

5.インプラントの埋込手術(30分~1時間)

インプラントを骨の中に埋め込みます。

6.インプラントと骨の結合安定期間(6~24週間)

インプラントと骨がしっかり結合するまで約6~24週間待ちます。
※骨の状態などで期間が異なります。

7.安定期間後の2次処置(20分)

埋まっているインプラントの頭を出し、人工の歯を接続するアバットメントという土台を取り付けます。

8.人工歯の型取り・装着(30分)

人工歯の型を取り、歯並びや色をチェックしながら人工歯をつくります。人工歯が完成したら装着します。

9.治療後の定期チェック(約30分)

治療が終わった後はまず1週間後に定期検査をします。
その後はだいたい1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後に定期検査をします。

インプラント治療の流れ

下の前歯を失った状態です。このままでは審美的・機能的に問題があります。従来ではブリッジ・部分床義歯などで回復を図っていました。

1次手術

歯肉を切開してインプラント体を埋入します。このあと、歯肉を縫合してインプラントと骨が結合(インテグレーション)するのを待ちます。待機期間は部位・術式・インプラントの種類などにより異なります。

 

2次手術

骨と結合したインプラントの一部を歯肉から露出させます。歯肉の治癒と形態が整うのを待って土台(アバットメント)を装着します。前歯部などで審美的要求 の高い場合、臼歯部(奥歯)で咬合(咬み合わせ)の経過をみる必要がある場合などは仮歯にして審美性・機能性の確認をします。

審美的・機能的に問題なければ最終補綴物に移行します。

最終的な歯が装着されました。