スタッフブログ

« 口内炎 | | 唇のケア »

むし歯と健康に関する相互関係について

皆様、こんにちは。今回は、むし歯による歯の健康への影響についてお話したいと思います。

元気な時は忘れがちですが、むし歯で歯が痛んだ時に初めて歯の存在を意識する方も多いのではないでしょうか?

しかし歯は、常日頃から健康を支える原動力ともいえるほど重要な存在なのです。

むし歯の発生条件は以下の通りです。

・歯があること

・細菌(むし歯菌)があること

・細菌の栄養となる糖分があること

これらの条件がそろうことでむし歯が発生します。

むし歯が持つ影響力は想像以上に大きいものです。

まず、痛みのために噛めなくなります。すると、

・食事がとれない

・唾液の減少

ということが起こります。

本来、食べ物を良く噛むことで大量の唾液が分泌されます。唾液には消化を助ける酵素が含まれているので、減少すれば胃腸の負担が大きくなります。

また、口内浄化作用が低下して、細菌の増殖を許してしまいます。

その上、口内乾燥を招き口臭がひどくなります。

このほか唾液のもつ機能がすべて不足する事態へつながるというわけです。

・胃腸障害

・食事の偏り

・柔らかい物ばかり食べているうちに、栄養が偏ってしまう

・噛み合わせのバランスを狂わせる

・顔のゆがみ、肩こり、姿勢のゆがみ

・脳への刺激減少

こういった様々な影響と同時に、むし歯の穴から細菌が体の中へ入りこみ、だるさや発熱など不快な症状が出ることもあります。

さらに感染が進み、血液中に細菌が増えると、敗血症などの全身疾病を発症する可能性もあります。

むし歯だからと言って決して油断はできないということです。

もし、現在歯に何らかの症状を自覚している方がいらっしゃいましたら、お気軽に当院までご連絡ください。


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科