スタッフブログ

« 知覚過敏について | | 歯磨きはがんばっているのに虫歯ができてしまう »

根の治療についてのお話

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

今日は、根の治療について話そうと思います。

みなさんは、根の治療のイメージってどんなものがありますか? 例えば、治療回数がかかりすぎる、治療中に根の中をぐりぐりされる、治療した当日は痛みがあるなど様々かと思います。

今日はそんな根の治療について少しでも印象が変わればと思いお話させて下さい。

まず、そもそも何故根の治療をするのか?ということですが、理由は様々ですがわかりやすいのが虫歯が大きく進行してしまい神経まで虫歯が達してしまったケースです。神経はもちろん残せるなら残して保存するのがベストなのですが、虫歯が神経まで達してしまった場合は中が感染してることになりますので、その時は感染している神経をとる根の治療が必要になります。

根の治療の際は、神経の通り道はかなり細いので先端がとんがっている細い器具でお掃除(治療)をしていくのですが、その時に患者様がゴリゴリされてる感じがあると思います。実はそのゴリゴリする作業は、感染している神経および、神経の通り道にも感染源が中に浸透しているのでこびりついている汚れを取り除いていると思って下さい。

そして最後に根のお掃除は根の先端までお掃除するので根の先を刺激することにより当日から数日にかけてお傷みが持続してしまうのです。

神経は絶対に残せるなら残したほうがいいです!!神経をとるメリットは何もないので、虫歯が大きく進行していて神経をとる前に早期の健診を心掛けてください。

暑い日が続きますがこまめに水分補給をしてこの暑さを乗り切りましょう!!!


新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科