スタッフブログ

麻酔について

今日は、麻酔についてお話したいて思います。

◆歯の局所麻酔の種類◆

局所麻酔というのは、範囲が限られた場所に使用する麻酔のことで、3つの種類あります。

◎表面麻酔

表面麻酔は、麻酔の注射をする歯茎の表面部分にかける麻酔で、皮膚の粘膜の近くを麻痺させ、注射の痛みを軽減させます。全く痛くなくなるわけではありませんが、針を刺すときの痛みを感じなくするのに有効な方法です。膿瘍切開や、歯石のクリーニングなどにも使用します。

◎ 浸潤麻酔

浸潤麻酔は、痛みを取りたい部分に麻酔薬を注射する方法で、歯医者さんで最も一般的に行われています。粘膜下、歯肉に注射し骨内に薬をしみこませて神経を麻痺させます。虫歯の治療、抜歯、神経の治療、インプラント手術、などに使用します。

◎伝達麻酔

伝達麻酔は、神経が分かれる部分に少量の麻酔を注射することで、治療をする場所から離れた部分まで広範囲を麻痺させることができます。麻酔がききにくい骨が厚い下あごの奥歯の治療をするときに、浸潤麻酔に加えて使用されることが多いです。


※麻酔がききにくい場合がある

麻酔がまるできかないということはありません。しかし体質や症状、その時の精神状態、場所などによって麻酔がききにくいことがあります。


◎歯茎に炎症がある

歯周病などによる歯茎の腫れがあるとき、膿がたまっているとき、神経が炎症を起こしているときなどは麻酔がききにくいです。

◎お酒をたくさん飲む人

麻酔とお酒とはあまり関係ない、もしくは解毒作用が活発なので麻酔薬も解毒してしまい麻酔がききにくい、など諸説あります。しかし、飲酒習慣だけでなく患者ひとりひとりによって麻酔の必要量は違います。状態に合わせて適切に調整できるので心配ありません。

何か気になることや質問等ございましたら
お気軽にお聞きください。
皆様のご来院をお待ちしております。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

食事の後すぐに歯を磨かない方がよい??

最近、食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられているため、食事の後すぐに歯を磨かない方がいいのかと混乱している方がいらっしゃるようです。

これらの報道のもととなったのは、実験的に酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した後、口の中にもどしてその後の歯みがき開始時間の違いによる酸の浸透を調べた論文で、むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験による見解なのです。

実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。

小児における歯みがきの目的は歯垢の除去、すなわち酸を産生する細菌を取り除くとともにその原料となる糖質を取り除くことです。歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まります。このように、歯垢中の細菌がつくる酸が歯を脱灰してできるむし歯と、酸性の飲食物が直接歯を溶かす酸蝕症とは成り立ちが違うものなのです。

結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

かかりつけの歯科医院は決めていますか?

みなさまこんにちは。4月も中旬になり、桜が見られるのもあと少しでしょうか。

私は先週末、昔住んでいた街へお花見に行きました。5年ぶりに訪れた街は駅の工事も終わり、新しいお店もたくさん出来て、更にステキな街になっていました。

また近いうちに行きたいなとは思いますが、通勤経路とは逆ですし、きっかけがないのが悩みどころです。

春は患者さまから引っ越しや転勤、退職の話を聞く機会が増える気がします。

歯科治療は何度か通うことが多いので、歯科医院を選ぶ基準は「自宅や職場の近く」という方がほとんどでしょう。

ですから痛くなるなど、問題が起きるたびに近くの歯科医院を探して通院するという方もいらっしゃるかと思いますが、「問題が起きたら行く」というのはあまりお勧めしません。

歯に関しては「痛くなってからでは遅い」ことが多く、むし歯や歯周病が進行してしまってからでは治療費がかかるうえ、歯をなくしてしまうことにもなりかねません。

ですから本当はかかりつけの歯科医院を決めて、特に問題がなくても定期的にお口の中を診てもらうようにすると、生活習慣やお口の状態に合わせた予防ができ、長期的に健康なお口を保つことに繋がります。

歯科治療は何度か通うことが多いと申し上げましたが、いったん治療が終了してメンテナンスになれば、頻繁に通うことも少なくなります。

当院は新宿というとてもアクセスのしやすい場所にありますので、引っ越しや転勤後でも定期健診で通って下さる方がたくさん居ります。

懐かしの街に来るきっかけとしてぜひ当院をご利用下さい。みなさまのご来院をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る

 

キシリトールについて

皆様、こんにちは。

今回は、キシリトールについてお話ししたいと思います。

ガムや飴に"キシリトール入り"と書いてあるものがよく目につきますが、このキシリトールとはいったい何かご存知でしょうか?

これは、砂糖に代わる代用甘味料です。これまで代用甘味料というと、人工の甘味料だから体によくないといわれていました。

ところがキシリトールは人工ではなく、白樺や樫の木などの樹液から抽出した、天然の甘味料です。苺などの果物にもキシリトールという成分が入っています。

キシリトールは糖アルコールの一種で、むし歯の発生を防ぐ効果があることがすでに証明されています。

むし歯菌の1つのミュータンス菌は、糖を分解して歯を溶かす酸を発生させますが、キシリトールはむし歯菌が分解できない甘味成分なので、酸の発生を抑えます。

キシリトールの甘さは唾液の分泌を増やし、しかも唾液中のカルシウムと結びついて歯の表面の再石灰化も促す性質を持っています。その効果を持続させるためにできるだけ長く口の中にとどめておきたいものです。そのためガムや飴などに使うのが最も理にかなった使い方というわけで、ガムを噛むときはできればしばらく噛み続けるとよいのではないでしょうか。

ただ、市販のガムや飴には砂糖や水あめが入っている物もあるので注意してください。よく成分をチェックして、砂糖の入っていないタイプを選びましょう。

新宿 歯医者|新宿パークタワー歯科

ページのトップに戻る